伝統的な白壁の町並みが美しい!広島県府中市の風情溢れるお祭り4選!

画像出典:ドラマル / PIXTA(ピクスタ)

伝統的な白壁の町並みが美しい!広島県府中市の風情溢れるお祭り4選!

江戸幕府の直轄地として栄えた、広島県の東部にある府中市(ふちゅうし)。今も白壁や格子戸の土蔵や町屋が立ち並び、一歩足を踏み入れるとまるで江戸時代にタイムスリップしたかのような気分になります。そんな歴史のある広島県府中市で、風情溢れる町並みを舞台にしたお祭りに参加してみませんか。

府中市の市民たちで盛り上げるユニークなイベントが面白いお祭りや、たくさんの貴重な雛人形や季節の花が楽しめるお祭り、全国的にも珍しいかかしまつりなど盛りだくさん。府中市で開催されるおすすめのお祭りをご紹介します!

目次

伝統的な白壁の町並みが美しい!広島県府中市の風情溢れるお祭り4選!

1.備後国府まつり

府中市民が総出で盛り上げる、夏のお祭りが備後国府(びんごこくふ)まつりです。元々備後国府まつりは、府中市民の体育レクリェーションの催しとして始まりました。現在では、多くの市民団体の参加と協力により、時代にあわせて変化し続ける面白いお祭りです。

毎年7月下旬の2日間にわたって開催され、おどりカーニバルをはじめ、広島県内の地ビールや府中市の絶品スイーツが味わえるフェスティバル、泡まみれになって音楽を楽しむ泡祭などイベントが目白押し。

中でも注目すべきは、府中市の伝統が育んだ箪笥を担いで4人一組で競い合うタンスリレーです。多くのチームが参加し、熱き闘いが繰り広げられ美しい装飾の箪笥も見物ですよ。また、最終日には広島県内でここでしか見ることのできない「手筒花火」と打ち上げ花火が夜空を彩ります。

2.上下かかしまつり

「上下かかしまつり」は、本物の人間と錯覚してしまうかのような生々しいかかしたちと出会える、府中市の珍しいお祭り。かつては田んぼの至る所にいたかかしですが、今では見かけることも少なくなりました。そんな懐かしい風景を歴史ある府中市の町を歩きながら探してみませんか。

毎年10月下旬頃から11月上旬頃の期間に行われ、このお祭りで展示されているかかしは、すべて一般募集されたもの。そのため毎年、その年のトレンドものや流行したキャラクター、童話作品の主人公など様々なかかしが集まります。本物そっくりの動物や巨大な恐竜のかかしなども出現し、どの作品も工夫が凝らされていますよ。思わず微笑む心温まる作品から、シュールなかかしまで盛りだくさん。魅力いっぱいのかかしの世界を満喫できるお祭りです。

3.天領上下ひなまつり

かつて江戸幕府の天領として栄えた府中市の上下町には、明治から昭和にかけて「でこ」と呼ばれる雛人形を買い求め多く人が集まっていました。その歴史ある府中市の雛人形を楽しめるお祭りが、天領上下ひなまつりです。毎年2月中旬頃から3月下旬頃まで開催。美しい白壁の町並みを歩けば、通りに面した資料館や商店の店頭で色とりどりのたくさんの雛人形が出迎えてくれます。

先祖代々伝わる歴史ある雛人形は、それぞれの時代で顔つきや衣装も異なっており、ついつい見入ってしまう美しさ。週末には、このお祭り期間中限定で芝居小屋の「翁座」も一般公開されています。「でこ市」や「手創り市」も開催されており、雛人形を買うこともできますよ。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

府中市でおすすめの記事

府中市のアクセスランキング