季節の到来を告げる目黒のお祭りたち!おすすめ4選を紹介します

画像出典:のびー / PIXTA(ピクスタ)

東京都23区の西部にある目黒には、目黒川や自然教育園、「百段階段」で有名な雅叙園、日本庭園が見事な「八芳園」と大人の観光スポットが数多くあります。そんな目黒には楽しいお祭りが目白押し!中でも「目黒のさんま祭り」や「目黒川桜まつり」はメディアでも紹介されるほど有名です。今回はそんな目黒で人気のお祭りをピックアップして紹介していきます。

[x] 閉じる

季節の到来を告げる目黒のお祭りたち!おすすめ4選を紹介します:目次

1. 目黒のさんま祭り

出典: i-flower / PIXTA(ピクスタ)

「めぐろのさんま」という落語に由来する「目黒のさんま祭り」。実はこの「目黒のさんま祭り」は、目黒駅で毎年9月に2回開催されています。1回目は目黒駅前商店街が主催で、品川区が後援になっているもの。2回目は目黒区主催の「目黒区民まつり」の一環として開催されているものです。

目黒駅前商店街主催の「目黒のさんま祭り」では、炭焼きのサンマが無料で7000匹も配られます。青空の下で食べるサンマは格別に美味しいですよ!栃木県産の辛味大根や徳島県産のすだちも添えられて、より一層美味しさを引きたててくれます。

ただし、サンマは無くなり次第終了となるので、サンマ目当ての方は早い時間帯に訪れるのがおすすめです。朝5時から並び始める方も毎年いるので、午前11時頃には売り切れてしまうこともあります。最低でも3時間は並ぶ覚悟で挑みましょう!

また、八幡神社で行われる無料の「めぐろさんま寄席」も大好評です。名人が語る「めぐろのさんま」を聴いて大いに笑ってくださいね!

2. 目黒区民まつり(目黒のSUNまつり)

毎年9月に開催されている「目黒区民まつり(目黒のSUNまつり)」では、名物のさんま祭りの他に、ふるさと物産展や子ども広場、区民まつり落語会などが行われ大勢の人で賑わいます。目黒駅前商店街主催の「目黒のさんま祭り」でさんまを食べられなかった方は、ここで再チャレンジ!大分県産のカボスを添えた気仙沼漁港のさんまが、約5,000匹も無料で配布されます。

このお祭りは目黒駅前商店街主催の「目黒のさんま祭り」とは異なり、受付でサンマ引換券が配布され、ほとんど並ぶ必要がないという有難いシステムが特徴です。それでも来場者は毎年3万人を超えるため、確実にさんまを食べたい方は急ぎましょう。

目黒区民まつりでは、さんま以外にも模擬店や屋外ステージ、子供向けのアトラクションやゲームなどの催し物も多数用意。目黒の名物が並んだふるさと物産展も要チェックです。毎年地元の人たちが楽しみにしているお祭りは、盛り上がりもピカイチですよ!

3. 目黒川桜まつり

出典: Nathapon Triratanachat/Shutterstock

目黒川沿いには800本にも及ぶの桜の木が約4kmに渡って植えられていて、東京を代表する桜の名所となっています。近年の桜の名所ランキングでは都内のみならず、関東での人気スポットとしても上位に入るほど。そんな目黒川沿いでは、毎年3月末から4月上旬にかけて「目黒川桜まつり」が開催されています。

30年以上もの歴史があるというこの桜まつり。人気の秘密はバラエティーに富んだ楽しみ方ができることなんです。ライトアップされた夜桜を眺めながら、ロマンチックな夜を過ごすも良し。お弁当やお酒を持ち寄ってお花見を楽しむも良し。目黒川沿いにある飲食店で桜を眺めながら食事をしたり、桜のアーチの下をくぐる目黒川クルーズもおすすめです。

中目黒駅前で開催される「中目黒桜まつり」や、反対側の田道広場公園で開催されている「春フェスタ」では露店や屋台もたくさん並びますよ!イベントは同日に開催されるので、目黒川を端から端まで散策しつつハシゴしてみましょう。美味しいグルメを堪能しながら、春の訪れを全身で感じてみませんか?

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

目黒でおすすめの記事

目黒のアクセスランキング