究極のリラックス!マカオ半島で行ってみたい本格マッサージ店をご紹介

画像出典:ESB Professional/Shutterstock

究極のリラックス!マカオ半島で行ってみたい本格マッサージ店をご紹介

お仕事や勉強、家事や育児で忙しく、日本ではなかなかゆっくりマッサージを受ける時間がないという人も、多いのではないでしょうか。でも、せっかく旅行に出かけたのだから、いつも頑張っている自分へのご褒美にマッサージやスパへ行ってみたいですよね。

そこで、今回はマカオ半島の歴史地区周辺にあるマッサージ店をご紹介します。ぜひ、マカオでマッサージを受けてリラックスしてくださいね。

目次

[x] 閉じる

究極のリラックス!マカオ半島で行ってみたい本格マッサージ店をご紹介

1. 皇朝按摩中心 Wong Chio Massage Centre

マカオ半島の歴史地区「セナド広場」からタクシーで約10分ほどの場所にある「皇朝按摩中心 Wong Chio Massage Centre」。「皇朝」と黄色で書かれた青い足の形の看板が目印です。このマッサージセンターには熟練のマッサージ師さんが常駐していて、疲れているところや弱っているところがあれば激痛となる足裏マッサージを、そして全身マッサージを行ってくれます。

足裏マッサージを始める前には、漢方薬の入ったお湯で足を温めて、リラックスさせてから施術をします。足裏を押されて痛い箇所があれば、疲れている証拠。どこが疲れているのか、マッサージ師さんに聞いてみるとよくわかりますね。全身マッサージは、天井に吊るされたバーにマッサージ師さんが掴まって背中全体を体重をかけながら足で押してくれます。

また指圧もあるので、ぐーっとツボを押してもらってコリをほぐしてもらいましょう。こちらは24時間営業ですので、お好きな時間に行くことができますが、時間帯によっては混みあいます。人数が多い場合には予約をしていくといいでしょう。

2. 長春按摩理療中心 Chang Chun Massage Centre

「長春按摩理療中心 Chang Chun Massage Centre」は、マカオの歴史地区にある「聖アントニオ教会」からあるいてすぐのところにあります。お店の看板には、「長春按摩」と書かれています。とてもローカルなマッサージ店なので、観光客は少なめ。そのため、英語よりは中国語での対応がメインとなります。

メニューは、全身マッサージとフットマッサージの2種類。代謝を促進、疲労回復、頭痛や不眠症などにもいいそうですよ。ちょっとローカルな雰囲気のマッサージ店に行こうと思ったら、長春按摩理療中心はぴったりですよ。

◎まとめ

マカオ半島・歴史地区のマッサージ店を2か所ご紹介しました。ローカルなマッサージ店だと英語がなかなか通じないかもしれませんが、漢字を駆使して伝えましょう。

フットマッサージは、痛いけれどもだんだんとそれが心地よく感じられて、リラックス効果も抜群!痛い箇所があれば弱っている証拠なので、どこに問題があるのかがすぐにわかります。日本に戻ったら、その箇所を労わってあげましょうね。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

マカオでおすすめの記事

マカオのアクセスランキング