マカオ半島でファストフードを食べるならこのお店!おすすめのお店5選

画像出典:kitleong/PIXTA(ピクスタ)

マカオ半島でファストフードを食べるならこのお店!おすすめのお店5選

マカオの歴史地区でファストフードを食べるなら、マカオ名物ポークチョップバーガーをはじめ、激安の餃子やカレー風味のおでんなどバラエティー豊かな中から選ぶことができますよ。今回はマカオで訪れたい、オススメのファストフード店を5つご紹介します。

目次

[x] 閉じる

マカオ半島でファストフードを食べるならこのお店!おすすめのお店5選

1.金馬輪咖啡餅店

マカオの名物ファストフード、ポークチョップバーガーが人気のお店です。金馬輪咖啡餅店は1976年に創業し、街のベーカリーとして地元の人たちに親しまれてきました。1日に700個売れるというポークチョップバーガーは、揚げたての豚肉をパンに挟んだ非常にシンプルなもの。ほろりと柔らかい豚肉は味加減が絶妙で、脂のしつこさもなくとても食べやすい味わいとなっています。

お店は聖ドミニコ協会の近くにあり、店内にはイートインスペースもありますよ。マカオ半島のセナド広場でファストフードを食べるなら、金馬輪咖啡餅店のポークチョップバーガーを食べてみてはいかがでしょうか。

2.小上海鍋貼

餃子のテイクアウトが人気のファストフード店「小上海鍋貼」。焼き上げられる餃子は、厚めでモチモチとした皮が特徴。餃子は1個から購入することができ、スナック感覚で食べられる手軽さや価格の安さからマカオを訪れる人々に親しまれています。他にも春巻きや焼き焼売などが販売されており、どれもリーズナブル。テイクアウト専門のお店なので店内で食べることはできませんが、セナド広場から天主堂跡へ歩いて行く道の近くにあるお店なのでマカオ観光のお供の食べ歩きアイテムにピッタリですよ。

3.大聖豬扒包

マカオではお馴染みの、ポークチョップバーガーで有名なファストフード店「大聖豬扒包」。場所はセナド広場と聖ポール天主堂跡の間にある「大三巴街」にあり、ポークチョップバーガーを求めるたくさんの人だかりと看板のニコちゃんマークが目印となっています。テイクアウト専門のお店で、他にもエッグタルトやカステラを購入することが可能。どれも食べ歩きにピッタリなマカオグルメですね。

常にたくさんのお客さんがいるので、行列必至。マカオで一度は訪れて欲しいファストフード店です。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

マカオでおすすめの記事

マカオのアクセスランキング