ハワイ初の鉄道!「ホノルル・レール・トランジット」はいつできる?

画像出典:aines

ハワイ初の鉄道!「ホノルル・レール・トランジット」はいつできる?

人気リゾート地として多くの日本人も足を運んでいるハワイ。車社会アメリカの一部として鉄道とは無縁の世界と思われてきたハワイですが、なんとハワイ初の鉄道路線が建設中なんです!その噂の電車「ホノルル・レール・トランジット」について調べてみました。開業は今しばらく先ですが、現時点の情報とホノルルの交通事情ついて紹介します。

目次

ハワイ初の鉄道!「ホノルル・レール・トランジット」はいつできる?

1.ホノルルの交通事情

日本人がハワイに抱くイメージは、楽園のような街でゆったりのんびりといったところではないでしょうか?ところが現実には、ホノルル市は交通渋滞という大きな問題に直面しています。

ハワイ州の人口は約130万人あまり。そのうち100万人近くは、州都ホノルルのあるオアフ島の住民です。このオアフ島の人口密度は全米でトップクラスに高いうえに、ホノルル大都市圏の西部でも急速に住宅開発が進んだことから、朝夕の交通ラッシュが深刻となっているのです。

この渋滞問題を解決するため、2008年に住民投票が行われ、オアフ島西部とダウンタウンを結ぶ鉄道計画に5000億円余りの予算が承認されました。

2.ホノルル・レール・トランジットとは

ホノルル・レール・トランジットは高架型の都市高速鉄道で、ホノルル中心部のショッピングモール「アラモアナセンター」からオアフ島西部のカポレイまでの約32kmを走ります。車体の製造は、台湾の台北捷運や新北捷運にも携わった日立グループの日立レールイタリアが手掛けます。

車両は4両編成で、両端のイースト・カポレイ駅とアラモアナセンター駅の間を41分で走行する予定です。料金については公営バス(TheBus)との統一運賃が適用されます。運転手のいない自動運転というのも特徴で、また車両にサーフボードラックが設けられているのも、ハワイらしい点といえるでしょう。

3.ホノルル・レール・トランジットの路線計画情報

ハワイの空の玄関口ダニエル・K・イノウエ国際空港を中心に、全部で21の駅が設置される予定です。とくに観光客にとっては、空港からアラモアナ・センターまで渋滞に巻き込まれることなく16分で行けるのが魅力です。途中にはダウンタウンやチャイナタウンもあり、将来的にはワイキキ方面まで延伸する計画もあるそうです。

空港の反対側の隣には真珠湾海軍基地駅が開業する予定で、パールハーバー関連の観光にも便利。さらに隣のアロハ・スタジアム駅を過ぎると、終点のイースト・カポレイ駅まで、鉄道は郊外の住宅地や学校を巡ります。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

ホノルルでおすすめの記事

ホノルルのアクセスランキング