広島市で豚骨ラーメンを食べよう!バリエーション豊かな7選をご紹介!

画像出典:Hyuga

広島ラーメンといえば、豚骨醤油をベースとしたラーメンが有名ですよね。広島市は、ラーメン店の激戦区としても知られ、中でも豚骨ラーメンのお店はたくさんあります。

醤油風味のものから、こってり脂臭の強いもの、博多豚骨に近いものまで、バリエーションに豊か。こだわり抜いた一杯には、奥深い世界が広がり今まで味わったことのないラーメンに出会えるかもしれません。今回はその中でも、厳選したラーメン店をご紹介しますので、ぜひ観光合間に立ち寄ってみてくださいね。

[x] 閉じる

広島市で豚骨ラーメンを食べよう!バリエーション豊かな7選をご紹介!:目次

1.中華そば 陽気

広島ラーメンを牽引してきたとも言われる有名店、それが江波にある「中華そば 陽気」。昭和32年創業で、広島ではコンビニのカップ麺化や通販など、ビジネス界も触手を伸ばす広島ラーメンの代表格です。メニューは驚くなかれ「中華そば」一本で、全部のせやチャーシューメン、大盛りもありません。

麺は中細ストレートに、醤油の存在感がある豚骨スープ。具材は、もやしにねぎ、チャーシューで、やや固めの麺にあっさりとしたスープが絡むとのどごし抜群です。座席は20席ほどでカウンター席のみなので、行列になることもありますが待っても食べたい味。広島の戦後混乱のなか力強く立ち上がって今に至るこのラーメン、ぜひご賞味ください。

2.らーめんかばちや

青く輝く青磁のような器と、豚骨スープのコントラストの美しさに驚愕する人続出のラーメン店「らーめんかばちや」。麺は極細でかため、スープは白濁豚骨ベースであっさりしていて、その上にどっかりと角煮と味玉がのっています。いわゆるライト系に属するため、後味もさっぱりしているのが特徴。

広島の駅前再開発地区のなかにあるので、観光帰りにも便利ですよ。店内は、それほど広くありませんが、その分回転も早いので安心。店内にはサンフィレッチェの選手のサインなども飾ってありますよ。ラーメン通の紳士淑女のみなさん、ご堪能くださいませ。

3.麺屋元就

広島ラーメンの王道である醤油豚骨スープに、魚介系のだしをブレンドした新時代の広島ラーメンといえば「麺屋元就(めんやもとなり)」。その斬新さゆえに地元では、ネオ広島ラーメンと呼ばれています。香りのある脂が特徴で、コクとうまみが強め。麺も原田製麺の中太ストレートで、とても食べ応えあります。豚骨の臭みよりは、香味油の臭いにインパクトがあるのが、ここ広島でも驚きをもって迎えられました。

お店の人が元々東京の麺屋武蔵で修業していたので、その影響が色濃く残っています。歴史ある広島ラーメンのなかで、こちらのお店は地元民にも大評判。動物系と魚介系というダブルブレンドの新しい広島のラーメンを試してみてはいかがでしょうか。

4.和田党

広島に複数店舗のある名店「和田党」は、あぐー豚を使った豚骨ラーメンが有名。あぐー豚とは、沖縄県特有の頭数が少ない貴重な豚で、霜降り肉のため脂に甘みと旨みがあります。

メニューは、あぐー豚ラーメンやチャーシューメン、辛みそラーメンの3種類。具材は厨房で炙ったチャーシューときぐらげ、青ネギ、テーブルには無料の紅ショウガと高菜もあります。麺は広島の名匠「原田製麺」によるもので、和田党のための特製麺。

麺の固さも、やわらかからはりがねまでお好みで選べるので、そのときの気分でいろいろ試せます。スープは臭みがなく、クリーミーで全体的にバランスの良い味わい。広島の豚骨ラーメンのなかでは博多寄りの豚骨ラーメンです。クセがなく万人向けなので、誰もが気軽に入れるお店ですよ。

5.来頼亭

「来頼亭(らいらいてい)」は、宇品線沿いにある1948年創業の老舗。老舗感を強く感じる昭和のレトロな建物が目印です。広島ラーメンの元祖と言われており、マイルドな豚骨醤油スープが特徴。スープの上を彩るのはもやし、ネギ、チャーシュー、そして錦糸卵。この錦糸卵が面に絡みあい醤油豚骨スープにほのかな甘みを加えます。

スープは広島ラーメン本来の醤油寄りというよりは、豚骨の存在感がある優しい風味。それでいてコクもあるクセになる味わいなので、人気が何十年も続く理由はここにあるのでしょう。昼時は並ぶこともありますが、外観、味、ともに懐かしさを味わいたい!という方はぜひ一度ご堪能ください。

6.らーめん与壱

昭和を感じさせる赤ちょうちんに年季ある暖簾、そのノスタルジー溢れる空間で豚骨ラーメンを食べられるのが、「らーめん与壱(よいち)」。どんぶりすれすれまで入った濃厚なスープに、もやしとネギ、チャーシューという広島ラーメン三種の神器がしっかりと脇を固めます。凝縮された野菜のうまみが出たとろみあるスープも、細いストレート麺によく絡みますよ。店主が一つ一つ精魂こめて作る様子もまた極上の職人芸を見ているかのようです。

ここ広島市西区は知る人ぞ知るラーメンの激戦地。広島駅からも一駅ほどで路面電車の終点に横川駅があります。のんびりと路面電車に揺られながら豚骨ラーメンを目指してはいかがでしょうか。

7.阿吽

広島ラーメンと言えば、醤油豚骨がベースになっていますが、塩で革命を起こしたのがこちらの「阿吽(あん)」。おすすめなのは、ずばり塩豚骨ラーメンです。豚骨と鶏がらをベースに塩というマッチング。広島ではなかなか出合えませんよね。麺は歯切れのよい細麺で、具材もねぎ、のり、チャーシュー、背脂、そして桜エビ。この桜エビがポイントが高く、動物系のスープに海鮮系の仄かな香りを加えてくれます。

ここ宇品は、スナック菓子メーカーとして有名なカルビー発祥の地。その礎を築いたかっぱえびせんを踏まえると、この桜エビの意味合いも強まります。価格もリーズナブル、さらに店内も個性的なので、一味違った広島の豚骨ラーメンを食べたい方にはおすすめですよ。

◎まとめ

広島市の豚骨ラーメン店をご紹介しました。市内では宇品、横川という街に名店が多いようですね。醤油豚骨のスープに、細麺、もやし、ねぎ、チャーシューが広島ラーメンの定番。でも近年は魚介系や博多豚骨、あっさりとした塩などがミックスされて面白い変化を遂げています。ラーメンは常に変化していくもの。広島の豚骨ラーメンを辿るとこれからも目が離せません。旅のお供に、おいしい豚骨ラーメンをご賞味ください。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

広島市でおすすめの記事

広島市のアクセスランキング