古代エジプトの都ルクソールでお買い物しよう!おススメのお土産4選

画像出典:Leonid Andronov

古代エジプトの都ルクソールでお買い物しよう!おススメのお土産4選

古代エジプトが好きな方なら、一度は行ってみたいカルナック神殿に王家の墓。さらに王妃の墓やハトシェプスト葬祭殿、ルクソール神殿など見どころはいっぱいです。一週間滞在しても全然足りないくらいの遺跡が点在するルクソール。この古代エジプトの雰囲気のあるお土産を選びたいと思いませんか?古代エジプトにまつわるお土産品ばかりを4点ご紹介しますので、参考にしてみて下さいね。

目次

古代エジプトの都ルクソールでお買い物しよう!おススメのお土産4選

1.アラバスター

アラバスターとは大理石の一種で雪花石膏と呼ばれている石。この石で様々な細工をしたものがルクソールの特産品なんです。ピラミッドやファラオの像など古代エジプトをモチーフにした物が多いですが、花瓶や小物入れなどもあります。アラバスターは光を通すのが特徴なのでキャンドルホルダーがおススメです。

観光地のお土産屋さんやルクソールのスーク、ホテルロビーのお土産屋さんなどで売っています。ルクソールのお土産屋さんは交渉次第でかなり安くなるので、言い値の半分くらいからスタートしてみて下さいね。ホテルなどは定価販売なのであまり応じてくれませんが、商品によっては割引があったりおまけがあるかもしれません!

2.パピルス

エジプトのお土産の定番中の定番が、パピルスです。ペーパーの語源となったというパピルスは、ナイル川の岸辺に自生するカヤツリグサ科の多年生の草。現在はスーダン、エチオピア、コンゴ、ウガンダ、シチリア島などでも自生が確認されています。エジプトでは紀元前3000年頃にパピルスを使った紙作りが始まったといいます。パピルスの茎を薄くはいで水に浸したあと縦横に並べて上から叩いて密着させて紙にしたのです。

お土産品としてのパピルスには、古代エジプトをモチーフにした様々な絵がプリントされています。道端の物売りが10枚1000円!などと売りに来るのはパピルスではなく、バナナの葉やサトウキビなどで作られた偽物なので注意して下さいね。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

ルクソールでおすすめの記事

ルクソールのアクセスランキング