コロンビア一のリゾート地、カリブの城壁の街カルタヘナのお土産5選

画像出典:Gary Tognoni

コロンビア一のリゾート地、カリブの城壁の街カルタヘナのお土産5選

カルタヘナ市は、コロンビアのカリブ岸にある旧い港町で、1985年にユネスコの世界遺産に登録されました。カリブの海賊時代を彷彿とさせる要塞や旧い町並みの他、「百年の孤独」などの幻想小説で1982年にノーベル文学賞を受賞したコロンビアの作家、ガルシア・マルケスの生地であることでも有名です。お土産物としては民芸品くらいしかありませんが、中南米じゅうの富裕層が集まるリゾート地で、国際会議もよく開催される街なので、ちょっと値段は高めですが質と品の良いものが手に入ります。カルタヘナで手に入る民芸品を、紹介しましょう。

目次

コロンビア一のリゾート地、カリブの城壁の街カルタヘナのお土産5選

目次を閉じる

果物売りの女性

出典: Javier Ignacio Acuña Ditzel

カリブ岸のカルタヘナには、スペイン人による植民地時代にアフリカから奴隷として連れてこられた黒人系の住民が多い街です。頭に果物を積んだお盆を載せて歩く、カラフルな服を着た黒人系の女性を旧市街のあちこちで見かけますが、このお人形もお土産物屋さんでよく売られています。ちょっとアフリカ風ですが異国情緒があって、飾るとお部屋がぱっと明るくなりそうですね。

布バック

出典: commons.wikimedia.org

カルタヘナの近くにサンタマルタという別のリゾート地がありますが、そこはシエラ・ネバダ山という、頂上に万年雪を抱えた標高5684メートルの山の麓になっています。このシエラ・ネバダ山に住むアルウアコ族という民族が作る布のバックは、コロンビア人のエスニック好きにも人気があります。ヤシの繊維と羊毛、木材繊維で作られた優しい肌触りのバックで、カラフルな色合いのものもあります。バックとして使うのではなく、中に詰め物をして部屋の隅に置くだけでも、インテリアグッズになりますよ!

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

コロンビアでおすすめの記事

コロンビアのアクセスランキング