先住民族の影響が強いチリ南部コンセプシオン周辺のお土産4選

画像出典:nonimatge

先住民族の影響が強いチリ南部コンセプシオン周辺のお土産4選

チリのコンセプシオン市は、サンチャゴに次いでチリで二番目に大きな都市です。街自体は商工業、林業、漁業が中心で、あまり観光地とはとらえられていませんが、このコンセプシオン市を境にしたチリ南部では、マプーチェ族という先住民族の影響が強い地域となっています。このマイナー民族の民芸品のお土産を、安めのお値段で買うのに最適です。

目次

先住民族の影響が強いチリ南部コンセプシオン周辺のお土産4選

マプーチェ族の民芸品、銀細工

マプーチェ族は、スペイン人によるアメリカ大陸発見前からチリの中南部からアルゼンチン南部に住んでいた先住民族で、チリ南部には今でも、マプーチェ言語の名前をつけた市町村が多く存在します。

マプーチェ族は、スペイン人による侵略が始まってからは、コンセプシオン市のすぐ脇を流れるビオビオ川を境にして300年以上スペイン人と戦い続けた好戦的な民族でした。コンセプシオンとビオビオ川は、マプーチェ抵抗の地として知られています。

コンセプシオンから南の街や村では、マプーチェ族の民芸品がよく売られています。首都のサンチャゴや空港でも売っていますが、地元で買った方がずっと安いので、お土産物屋さんを是非覗いてみて下さい。

マプーチェ族の民芸品で人気があるのは、精緻な銀細工です。古代の模様をモチーフにした女性の衣装の装飾用ですが、写真のようなお洒落な箱に入れてもらえば、女性向けのプレゼントにもぴったり!同じ中南米でも、メキシコのアステカ帝国やマヤ帝国、ペルーのインカ帝国のものとは一味違うお土産物になりそうです。

マプーチェ族の民芸品、楽器

銀細工の他にマプーチェ族の民芸品で人気があるのは、トゥルトゥルカ(Trutruka)という動物の角で作ったホルンや、クルトゥルン(Kultrun)という片面太鼓などの、伝統的な儀式で使われる楽器です。その他、木の実や樹木の葉で染色した優しい色合いの毛糸細工など、自然の匂いのする民芸品が多いです。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

チリでおすすめの記事

チリのアクセスランキング