砂漠のなかのエメラルド色の湖!チャドの世界遺産ウニアンガ湖沼群

画像出典:David Stanley

砂漠のなかのエメラルド色の湖!チャドの世界遺産ウニアンガ湖沼群

チャドはアフリカ北部、サハラ砂漠の南側に位置する国。海をもたない内陸国で、首都ンジャメナの近くには4か国にまたがるチャド湖があります。ウニアンガ湖沼群はチャドの初の世界遺産で、北東部の砂漠地帯にあります。古代には1つの大きな湖だったそうですが、今は18の大小さまざまな湖に分かれています。

世界遺産ウニアンガ湖沼群は、塩分がとても濃い湖から、オアシスのような湖までさまざま。辺境の地にあるため人があまり訪れず、手つかずの自然が残るアフリカの絶景ともいわれているのです。そんな美しい世界遺産ウニアンガ湖沼群についてご紹介したいと思います。

目次

砂漠のなかのエメラルド色の湖!チャドの世界遺産ウニアンガ湖沼群

目次を閉じる

ウニアンガ湖沼群とは

ウニアンガ湖沼群は、2012年に登録されたチャドで初めての世界遺産。年間降水量が2mm以下という乾燥しきった大地でありながら、大小18の湖は涸れることはありません。地下には数千年間にわたって蓄えられてきた帯水層があり、常に湖に水を供給しています。また湖同士を分けているのは砂なので、容易に水の移動が起こり、適度な水位が保たれています。それでも世界遺産ウニアンガの湖群は、大きさや深さ、成分組成、色彩など、それぞれが異なる特徴をもっているんですよ。

18の湖は、「大ウニアンガ」という意味のウニアンガ・ケビル群と、「小ウニアンガ」という意味のウニアンガ・セリル群の2つに分けられます。5,500年ほど前までは1つの湖だったと考えられていますが、長年の乾燥の結果、砂丘に区切られた独特の形状の湖沼群が形成されました。

ウニアンガ湖沼群へのアクセス

世界遺産ウニアンガ湖沼群の湖畔には村があるものの、公共交通機関は通っていません。最寄りの都市ファヤ・ラルジョーまででも150km以上あるので、ツアーなどに参加するのがおすすめです。

首都ンジャメナからのツアーは、最低で4日くらい必要です。四輪駆動で砂漠を進むこのツアーは、途中途中の観光スポットに立ち寄り、砂漠の広大な風景を楽しむことができます。

日本からンジャメナまでの直行便はないので、アジスアベバやパリなどを経由することになります。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

チャドでおすすめの記事

チャドのアクセスランキング