アンデスの山奥にある石の神殿!ペルーの世界遺産チャビンの考古遺跡

画像出典:DC_Colombia

アンデスの山奥にある石の神殿!ペルーの世界遺産チャビンの考古遺跡

目次

アンデスの山奥にある石の神殿!ペルーの世界遺産チャビンの考古遺跡

チャビンの考古遺跡とは

出典: Inspired By Maps/shutterstock

チャビンの考古遺跡はペルーの中部、アンデス山中の標高3200m程のところにある遺跡。チャビンは、インカ以前の紀元前1200年頃から200年頃にかけて栄えた都市で、1985年に「チャビンの考古遺跡」のしてユネスコの世界遺産に登録されました。

チャビンの考古遺跡は、アンデス文明の起源ともいわれる遺跡。初期に造られた旧神殿と、後期に造られた神殿があり、石造の祭祀遺跡として知られています。ジャガーを擬人化した主神体ランソンの石像や、地下の回廊、獣形の精巧な彫刻など神殿内に点在する遺物も興味深いもの。アンデス文明は、文字を持たなかったため、その起源や詳しいことが分かっておらず、この世界遺産の遺跡の調査によって研究が進むことが期待されています。

チャビンの考古遺跡へのアクセス

チャビンの考古遺跡は、リマから北に約430kmの町に位置します。リマからワラスまではバスで約8時間。アクセスが不便なことから、リマかワラスからツアーで訪れるのが一般的です。チャビン遺跡は、標高3000mを超えるところにあり、途中標高4500m超のトンネルを抜けるなど厳しい環境のため、高山病など、体調管理に十分気を付けてください。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

ペルーでおすすめの記事

ペルーのアクセスランキング