鳥取県鳥取市のおすすめ観光地6選!山陰を代表する砂と歴史の街

画像出典:megumi / PIXTA(ピクスタ)

鳥取県鳥取市のおすすめ観光地6選!山陰を代表する砂と歴史の街

GoToキャンペーンバナー

大阪から高速道路で3時間。東京からは飛行機で1時間強で行ける、遠いようで意外と遠くないのが鳥取県鳥取市。鳥取砂丘をはじめ有名な観光地が数多く、今回はそんな鳥取県鳥取市の中から、砂と歴史にまつわる観光スポットを6つ紹介します。他の町にはない独特な風土も感じる観光地なので、新鮮さを感じながら旅行が楽しめるはずです。

目次

鳥取県鳥取市のおすすめ観光地6選!山陰を代表する砂と歴史の街

目次を閉じる

1.砂製とは思えないスーパーアートを観光「砂の美術館」

出典: コンチ / PIXTA(ピクスタ)

鳥取市内の自然美が堪能できる観光地といえば「鳥取砂丘」ですが、今日紹介する観光スポットは人工的な美に圧倒されてしまう「砂の美術館」。「鳥取を訪れる人々に感激と感動を」をテーマに世界各国の砂像彫刻家たちが集結し、砂丘のすぐ近くに壮大なスケールと繊細さを併せもつ美術作品を公開展示しています。

コンセプトは「砂で世界旅行」がベースで、毎年違うテーマで巨大な人や動物や建物が制作されています。制作に使われる材料は「砂」と「水」だけというのだから驚き。技術の凄みと同時に「砂でできてる」ことから感じる儚さは、観光しないと味わえない感動です。

大胆かつ精巧な彫刻作品の数々は「本当に砂だけでできてるの?どうやって?」と疑問になるほどのクオリティ。もちろん壊れやすい作品なので手で触れるのは絶対にダメですが、ガマンして鑑賞するだけでも鳥取市観光の良い思い出になりますよ。

2.因幡の白うさぎが祀られた「白兎神社」

縁結びの神様といえば出雲大社の大国主命。「八百万(やおよろず)の神様が10月に大国主命の下に集まり人々の恋愛について相談した」という神話がありますが、その大国主命の恋をサポートしたのが、鳥取市内の白兎神社に祀られたうさぎ、つまり「因幡の白兎」。出雲大社よりも恋が成就しそうなユニークな神社として観光客に人気です。

たくさんの白兎の石像が可愛らしく、神社の中はもちろん周りにも「因幡の白うさぎ」の舞台となった神跡が点在しています。ワニの背の岩礁を探したり、白うさぎがケガをした場所を探したり、古事記の神話をなぞって散策・観光するのがおすすめです。

観光を終えたら、市内でお土産を買いましょう。おすすめはもちろん、赤い目とフォルムが可愛い鳥取銘菓・因幡の白うさぎです。

3.鳥取市街地を望む絶景スポット「鳥取城跡」

鳥取城を築城したのは、この地ゆかりの大名・山名氏。室町~安土桃山時代が好きな方ならピンとくるのではないでしょうか。戦国乱世の時代に軍事目的の出城として普請され、何度も激戦が繰り広げられたことで有名です。

落雷や大地震などの災害に見舞われたため天守を失い、今では山門と石垣、堀に井戸を残すのみなのは非常に残念ですが、鳥取城内の石垣が必見。三の丸の上に位置する天球丸跡には復元された巻石垣があって、これが不思議。完全に球状で、なぜ城郭にこれを作ったのかは謎なんだとか。

山城だけあって天守台跡からの眺望は最高。鳥取砂丘や鳥取市の街並みが一望にできる素晴らしい景色が見られます。頑張って登る価値がある鳥取市の観光スポットです。麓にある久松公園では堀と白鳥と石垣の見事なコントラストが見られます。桜の季節が特におすすめです。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

鳥取市でおすすめの記事

鳥取市のアクセスランキング