長浜市余呉町へようこそ!余呉湖と戦国時代の舞台を巡る観光スポット3選

画像出典:663highland (CC BY 2.5)

長浜市余呉町へようこそ!余呉湖と戦国時代の舞台を巡る観光スポット3選

滋賀県の余呉(よご)をご存知でしょうか?長浜市の最北端にある町で、代表的な観光名所として余呉湖が知られています。余呉町は岐阜県・福井県との県境となっており、エリアのほとんどが山岳地帯。そのため、雪や雨が多い近畿の特別豪雪地帯で、スキー場もたくさんあります。

夏は避暑地として、キャンプやバーベキューなどで家族連れが楽しめる場所。森林が多いため、澄んだ空気を吸ってリフレッシュしてはいかがでしょうか。「賤ヶ岳の戦い」で有名な賤ヶ岳(しずがたけ)を登れば、琵琶湖と余呉湖が一望できます。それでは、自然と古い歴史が残る余呉の観光スポットへご案内します。

目次

長浜市余呉町へようこそ!余呉湖と戦国時代の舞台を巡る観光スポット3選

1.のどかな田園風景を感じる「余呉湖」でのんびり過ごしてみませんか。

琵琶湖の北にある余呉湖は、「鏡湖」とも呼ばれる綺麗な湖。その四季折々の美しい風景を見るために、リピーターの観光客が多い訪れる場所でもあります。羽衣を取られた天女が、この地で子供をもうけたという伝説が残る余呉湖は、とてもロマンティックで幻想的。驚くことに、その子供が菅原道真、という言い伝えも残っています。

余呉湖には、数多くの魚類や珍しいイワトコナマズなどが生息。ほかにもフナ、コイ、ナマズ、ウナギなどもいます。なかでも観光に人気なのは、ワカサギ釣り。初心者にも簡単に釣れると評判なので、観光に来られたついでに挑戦してみましょう。湖畔沿いには遊歩道や売店などの設備が整っています。レンタサイクルもあるので、自然の風を感じながら爽快に走ってみてはいかがでしょうか。

2.「賤ヶ岳古戦場、大岩山砦跡」で歴史を感じませんか。

「賤ヶ岳の古戦場」は、有名な「賤ヶ岳の戦い」の舞台。織田家の家臣、柴田勝家と羽柴秀吉が権力争いで決着をつけた戦いです。戦没者を弔うために建てられた古戦碑は山頂にあります。頂上まではリフトで約6分。降りると目の前には、余呉湖と琵琶湖の景色が広がっています。

ここから少し歩いて行くと古戦場に到着。観光ガイドが賤ヶ岳の戦いについて説明してくれます。2日で終わった戦いの武勇伝は、一聞の価値あり。豊臣家臣の功名をあげた武将7人は「賤ヶ岳の七本槍」と名高く残る武勇伝となっています。賤ヶ岳はハイキングコースも整備されているので、四季を感じながら歩くのもおすすめです。

賤ケ岳の北東にある大岩山砦は、秀吉方が築いた砦。中川清秀の陣が守っていました。余呉湖を挟んで両軍のにらみ合いが続くなか、柴田勝家の甥である佐久間盛政の奇襲により攻め落とされ、賤ケ岳の戦いの火蓋が切られました。大岩山砦跡は賤ヶ岳から東に延びる尾根の先端に位置しており、賤ヶ岳の登山口から30分ほどで登れます。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

長浜市でおすすめの記事

長浜市のアクセスランキング