【パキスタンのビザ】入国に際しては事前のビザ取得が必要です

画像出典:gaborbasch

8000m級の山々がそびえるパキスタン。カラコルム、ヒンドゥークシャ、ヒマラヤの三つの山脈が交わるパキスタンには、インダス文明の遺跡モヘンジョダラやハラッパ、杏の花が咲き乱れるフンザ、ガンダーラ美術と仏教文化が栄えたペシャワールやタキシラなど、自然、文化、歴史それぞれの魅力あふれる観光スポットがたくさんあります。では、パキスタンへの入国に必要なビザやその他のビザについてご紹介しましょう。

[x] 閉じる

【パキスタンのビザ】入国に際しては事前のビザ取得が必要です:目次

パキスタンのビザのしくみ

パキスタンのビザには、観光ビザ、商用ビザ、家族ビザ、教育ビザ、報道ビザ、労働ビザなどがあります。空港でのアライバル取得はないので、観光目的の場合でも事前に在日パキスタン大使館でビザの取得が必要になります。

《観光ビザ》

観光目的でパキスタンに入国する場合にはビザが必要です。最長で有効期間は3か月のビザが発給されます。入国後他の国に行き、再びパキスタンに戻ってから帰国するときは、ダブル・エントリー・ビザの申請が必要です。この場合、各回それぞれ45日まで滞在できます。

必要書類
1.パスポート(入国に際して残りの有効期間6か月以上が必要)
2.写真2枚(3.5×4.5cm)申請書の左上にホッチキスで止めて提出
3.ビザ申請書(用紙は大使館の受付にあります。大使館ホームページからダウンロード可。日・ パキスタン協会でも申請用紙の配布・郵送をしています)
4.飛行機の予約が確認できる書類
5.宿泊先についての書類  
 友人の家に泊まる場合は友人からのギャランティ・レター(その滞 在期間中責任を持って面 倒をみる旨を英語またはウルドゥー語で書いてもらう。ファックスで 届いたものでもOK+そ の友人のパスポートのコピー
 ホテルに泊まる場合、ホテルの予約確認書コピー、または自分で書いたパキスタンでの日程の わかるスケジュール(英文)

今まではスケジュール表でもOKでしたが、他の国経由でパキスタン入りがずっと先になる場合などを除き、基本的にホテルの予約確認書が必要です。

《商用ビザ/1年マルチ》

有効期間1年間の間に出入国、1回の滞在可能期間90日

1.パスポート(有効期間、申請時1年以上(1年未満の場合は6カ月マルチが発給されます)
2.パスポートのコピー
3.写真2枚(3.5×4.5cm)
4.申請書
5.5年以上の就労ビザ発給には以下の3点のうちのひとつが必要になります。
・日本の商工会議所の推薦状 
・パキスタンの関係商業組織、機関により推薦を受けている旨が 証明されたパキスタン企業の 招聘状
・パキスタン投資庁の参事官またはパキスタン大使館駐在の商務参事官・商務官による推薦状

《家族ビザ(パキスタン人の配偶者と子供)》

配偶者
1.パスポート
2.写真2枚(3.5×4.5cm)
3.申請書
4.モスク発行の二カー・ナーマ(結婚証明書)のコピーか戸籍謄本のコピー
5.パキスタン人の配偶者のパスポートのコピー
6.子供のみが申請する場合、母親の同意の手紙とパスポート(又は運転免許証)のコピー

子供
1.パスポート
2.写真1枚(3.5×4.5cm)
3.申請書
4.母親の戸籍謄本か出生証明書のコピー
5.パキスタン人の親のパスポートのコピー

《教育ビザ》

1.パスポート
2.パスポートのコピー
3.6通の入学証明書
4.写真8枚(3.5×4.5cm)
5.予防接種の記録等
6.申請者自身によって書かれた申請書

《報道ビザ》

1.パスポート
2.パスポートのコピー
3.報道ビザの申請書
4.取材計画書
5.現地のメディアの支援確約書
6. 写真3枚(3.5×4.5cm)
7. テレビ、映画関連の報道ビザは、専用の申請書にも記入が必要です。

◎まとめ

上記は在日パキスタン大使館の情報をもとにまとめてありますが、情報は予告なしに変更、追加される場合があります。パキスタン渡航が決まったら、まずは在日パキスタン大使館に連絡してビザに関する最新情報を入手して下さい。種類によっては申請から発行まで時間がかかる事もあるので、時間に余裕をもって申請するようにしましょう。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

パキスタンでおすすめの記事

パキスタンのアクセスランキング