アンゴラの治安は悪いの?注意深く行動することが何よりも大切

画像出典:JP Matias/Shutterstock

アンゴラの治安は悪いの?注意深く行動することが何よりも大切

GoToキャンペーンバナー

アンゴラは、正しくはアンゴラ共和国と言い、コンゴ民主共和国とナミビアの間にある国。人口は3000万人に満たないですが、面積は日本より大きいです。アンゴラには、観光スポットがたくさんあり、見どころ満載。ただ観光するには、治安に注意しなくてはなりません。ここでは、その情報についてご紹介します。

目次

アンゴラの治安は悪いの?注意深く行動することが何よりも大切

1. 地雷についての認識

出典: Mike63

アンゴラでは、激しい内戦が行われていた時期がありました。現在はそのような動きは収まっているため、治安は改善されています。しかし、地雷には注意しなければなりません。アンゴラには、現在でも多くの地雷が埋まっており、整備がされていない道を歩くと、地雷を踏んでしまう可能性もあるのです。地雷を一度でも踏めば、命が失われる可能性があるため、非常に危険。

そのため、アンゴラ内における移動に関しては、飛行機を利用した方が賢明です。また、路上を移動する必要のある場合には、きちんと整備された道路を選ぶようにした方がいいでしょう。くれぐれも、荒れた道の上を歩くことのないようにしてください。

2. 自動車で移動する際にも注意

出典: Mrgomez/Shutterstock

アンゴラの交通に関して言えば、治安が悪いです。交通事故がとても多く、飲酒運転をする現地のドライバーもいるので非常に危険。そのため、自動車でアンゴラ内を移動する場合には、日本で運転する時以上に注意が必要がです。

また、アンゴラでは、強盗事件なども多く起きています。たとえ車に乗っていても、金品を奪われる可能性も。そのため、車の窓を開けっぱなしにしたり、ドアロックをしないというのは問題です。いつ襲われるかわからないため、移動の際にはしっかり用心してくださいね。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

アンゴラでおすすめの記事

アンゴラのアクセスランキング