【キリバスの治安】治安は良好!但し日本大使館がないことを意識しよう

画像出典:Vyshnivskyy/shutterstock

【キリバスの治安】治安は良好!但し日本大使館がないことを意識しよう

太平洋のど真ん中、日付変更線がいびつに突き出たところに浮かぶキリバス共和国。あまり馴染みがない国ですが、キリバスは世界で一番早く日付が変わる国として知られています。クリスマス島という地名は聞いたことがある人もいるかもしれませんね。キリバスのライン諸島に位置するのがクリスマス島なんです。キリバスは30以上の環礁から構成されていて、イギリス連邦に加盟しています。

そこで気になるのがキリバスの治安。キリバス渡航前に治安情報を把握して、楽しい滞在にしたいですよね。ここではキリバスの治安情報や注意事項をご紹介していきます。

目次

【キリバスの治安】治安は良好!但し日本大使館がないことを意識しよう

目次を閉じる

1. 日本大使館がないことを意識しよう

出典: kyoshino

キリバスは重犯罪の発生率が低く、治安の良い国の一つといわれています。ただキリバスには日本大使館がないので、訪れる際には注意が必要です。キリバスでの大使館業務は、在フィジー日本国大使館が兼轄しています。

キリバスで万が一事故や事件に遭遇した場合は、現地警察に相談し、必要に応じて在フィジー日本国大使館に連絡するということを情報として頭に入れておくと良いでしょう。キリバスは治安がいいからといっても油断せず、最低限の注意は必要です。日本と異なることを意識し、当たり前の治安対策は忘れないようにしてください。キリバスを訪れる際には万が一に備えて、在フィジー日本国大使館の連絡先などをあらかじめ控えておくと安心ですね。

2. スリやひったくり、窃盗に注意

出典: onsuda

キリバスは治安もよく、世界最大のサンゴ礁の島があるので、ダイビングやスノーケリングが楽しめる国としても知られています。大きな犯罪の発生率は低く、治安上はほとんど問題はありませんが、軽犯罪は発生しています。宿泊先やレストランなど治安に心配がない場所であっても、貴重品の管理には注意が必要。必ず施錠をしましょう。

キリバスでは豪ドルが一般的に使用されていて、首都タラワにはATMがあります。しかし、その他の島にはATMはなく、主要ホテル以外にクレジットカードを使用できる場所は少ないので、滞在に必要な費用については現金で持つようにしなければなりません。そのため、貴重品の管理には十分気をつけましょう。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

キリバスでおすすめの記事

キリバスのアクセスランキング