西アフリカ最後の原生林が広がるコートジボワールの世界遺産タイ国立公園

画像出典:Kafougue (CC BY-SA 4.0)

西アフリカ最後の原生林が広がるコートジボワールの世界遺産タイ国立公園

コートジボワール共和国は、ギニア湾北部の西アフリカに位置します。フランス語で「象牙海岸(Côte d'Ivoire)」を意味する国名の通り、かつてこの地から世界各国に向けて大量の象牙が輸出されたのです。
現在は、隣国ガーナと共に世界有数のカカオ生産国として知られています。

皆さんは、コートジボワール国内に「西アフリカで最後」と呼ばれる原生熱帯林が広がっているのをご存知でしょうか?この「タイ国立公園(Taï National Park)」には、絶滅危惧種に指定されている動物や希少な高山植物が多数生息しており、その貴重さから1982年には世界遺産に登録されています。
それでは、コートジボワールの「タイ国立公園(Taï National Park)」についてご紹介していきましょう。

目次

西アフリカ最後の原生林が広がるコートジボワールの世界遺産タイ国立公園

タイ国立公園とは?

出典: yakovlev.alexey/Flickr (CC BY-SA 2.0)

タイ国立公園は、コートジボワールの南西部のカヴァリ川とササンドラ川に挟まれたところに広がる熱帯雨林です。アフリカ大陸でも赤道直下は高温多湿であるため、長年にわたって熱帯林が育まれてきましたが、近年は森林の伐採や開発などにより減少しているのが現状。そんな状況において、西アフリカ最後の広大な原生熱帯林であるタイ国立公園は、希少な動植物たちの生息地として世界中から注目を浴びています。

1982年に世界遺産に登録されたタイ国立公園の総面積は、原生林の約1割にあたる3300平方Km。これは日本の鳥取県とほぼ同じくらいの大きさです。元々は現在の8倍ほどの広さを誇っていたのですが、1960年にフランスからの独立を果たしたコートジボワールは、国を再建するため開墾や森林伐採を繰り返しました。その結果、貴重な原生林が瞬く間に姿を消してしまったのです。

近年は周辺地域に居住する人口も増えてきており、さらにはわずかながら公園内で鉱物が得られることもあって、森林伐採や鉱山開発の勢いは留まることを知らず。未だに密猟も行われており、危機的状況を脱することができていません。西アフリカに生息する動物の約半数が暮らすという、「動物の楽園」タイ国立公園を守るための取り組みが早急に必要となっています。

タイ国立公園へのアクセス

リベリア国境付近に広がる「タイ国立公園」へは、コートジボワールの空の玄関口であるアビジャン(Abidjan)が観光拠点となります。とはいえ距離にして約590Kmも離れているため、より短時間でアクセスしたい方は、アビジャンから空路でダロア(Daloa)まで国内線を利用するのがおすすめです。
ダロアからタイ国立公園までは約200Km。陸路でおよそ3時間です。

日本からコートジボワールまでの直行便はないので、中東やヨーロッパでの乗り継ぎが必要となります。
おすすめはドバイを経由するエミレーツ航空で、フライト時間は最短の25時間弱。そのほか仁川とパリを経由する大韓航空でも、比較的短時間でアクセスすることができます。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

コートジボワールでおすすめの記事

コートジボワールのアクセスランキング