マダガスカル島のお隣にあるフランスの島、レユニオンの治安情報

画像出典:marionberaudias/pixabay.com

マダガスカル島のお隣にあるフランスの島、レユニオンの治安情報

アフリカ南東部の島国マダガスカル島の、さらに東方に浮かぶレユニオン島は、フランスの海外県です。島の大部分が「レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群」として世界遺産に登録されていて、観光客が数多く訪れています。

観光の島とはいえ、日本からは遠く離れていて情報は少なく、治安が気になるところですね。そこで、ここではレユニオンの治安情報をまとめたので参考にしてください。

目次

マダガスカル島のお隣にあるフランスの島、レユニオンの治安情報

暗くなってからは外を出歩かない

出典: tamaokun / PIXTA(ピクスタ)

レユニオンはフランスの海外県ということもあって比較的経済状況も良く、隣のマダガスカルと比べれば治安も悪くありません。マダガスカルで怪我や病気になった人がレユニオンに搬送されることもあり、医療の設備も整っているので安心です。

しかしながら、治安上の問題が全くないとはいえません。20時ごろには、一斉にお店を閉める街もあります。そうして暗くなった通りには、不良がたむろしたり浮浪者がウロウロしていたりします。

そのためレユニオンでは県都サン=ドゥニの繁華街でも、夜に出歩くのはやめたほうがよいでしょう。夜の街ではひったくりが発生するなど、治安が悪くなっています。

女性は性犯罪に注意

レユニオンでは、女性はとくに注意が必要です。ナイトクラブやその周辺の道端で、レイブ被害が報告されているのです。レユニオンでは、治安の悪くなる夜に女性一人で出歩くことはやめましょう。

過去には、世界遺産の山を登っているときにカップルが襲われたという事件も発生しています。女性は強姦、男性は殺されてしまったそうです。場所によっては昼間でも安全とはいえない場所があるので、治安対策が必要です。

レユニオンは山々だけでなく美しいビーチも人気の観光スポットですが、華美な格好や露出の多い服装はなるべく避けましょう。ダイナミックな島の景色に興奮してしまいますが、羽目を外しすぎると無用のトラブルに巻き込まれかねませんよ。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

レユニオンでおすすめの記事

レユニオンのアクセスランキング