不安なニュースが相次ぐイラク。治安回復の見込みはあるのか?

不安なニュースが相次ぐイラク。治安回復の見込みはあるのか?

イラクは治安の悪い国というイメージを抱いている方が多いでしょう。日本で報道されるのは、IS(イスラミック・ステイト)によるテロ活動や、日本人を含む外国人ジャーナリストが誘拐され殺害されたという事件など。イラクはなぜ治安の悪い国になってしまったのでしょうか。また、治安回復の見込みはあるのでしょうか?

目次

不安なニュースが相次ぐイラク。治安回復の見込みはあるのか?

目次を閉じる

1.イラクの治安はいつから悪い?

現在、非常に悪くなっているイラクの治安ですが、いつからこのような状態になってしまったのでしょうか。アラビア半島の隅にあるイラクはアラブの隣国の他、イランやトルコといった別の民族や文化の国とも接している国です。そのため、はるか紀元前から多くの国や民族が繰り返しあう国でした。

第一次世界大戦の後、イギリスが支配することで一時的に治安が安定しました。しかし、二次大戦後には再び混乱。その後サダム・フセイン独裁政権によって国内は安定をもたらしましたが、隣国イランと国境の川の水利を巡って戦争、さらにクェートに油田の利権を得るために侵攻、結局治安は保たれませんでした。

2.アメリカによるイラク攻撃後の治安は?

出典: upload.wikimedia.org

イラクのクェート侵攻をきっかけに1990年、アメリカとの間で湾岸戦争が勃発。イラクのフセイン政権はアメリカに敗れたものの存続しましたが、その後イラクに大量破壊兵器の所持疑惑が持ち上がり、アメリカが再び攻撃。独裁者フセインは捉えられ、その政権は終わりを告げました。

2004年、イラクに新政権が立ち上がり、アメリカの監視のもと治安も回復しました。とはいえ、イラク国内の政治は複数の民族や異なる主張を持つ人たちの対立を生み、民主化はうまく進みませんでした。このまま向上するかに思えた治安も安定しないままでした。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

イラクでおすすめの記事

イラクのアクセスランキング