トリニダード・トバゴの治安はどうなっているの?注意点はここ!

画像出典:Michael Bluschke/shutterstock

トリニダード・トバゴの治安はどうなっているの?注意点はここ!

外務省の海外安全情報によると、トリニダード・トバゴの治安、危険度レベルは4段階で1。トリニダード島とトバゴ島の二つの島からなるこの国は、全体的に治安があまり良くありません。中でも特に都市部は治安が悪く、麻薬の運び屋や窃盗、強盗などが集まり犯罪率が高いです。首都ポート・オブ・スペインは、南米から北米あるいは欧州への中継地点になっているので、犯罪者が増えてきています。旅行前には必ず外務省のホームページでトリニダード・トバゴの治安状況を確認するようにしてください。

目次

[x] 閉じる

トリニダード・トバゴの治安はどうなっているの?注意点はここ!

1. スリ、置き引き。

出典: fizkes

トリニダード・トバゴの空港ターミナルは、 治安があまり良くありません。スリや置き引きは複数でターゲットを物色しています。荷物は足元に置き放しにせず、常に手から離さぬよう、あるいは身体の一部が触れている状態にしておくことが重要です。一人が話しかけて注意を引き、その隙に別の者がスリを行うという手口もあります。

国内のマイクロバスを使用した路線バス(マキシタクシー)では、毎日のように犯罪被害報告が提出されているので、利用はできるだけ避けてください。トリニダード・トバゴで毎年開催されるカーニバルやコンサートなど世界中から多くの観光客が訪れている時期は、スリや置き引きの稼ぎ時でもあります。バッグやバックパックなどは背負わず、お腹の方に抱えるようにして持ち歩きましょう!

2. 都市中心部や繁華街のひったくり。

出典: MATJAZ SLANIC

都市中心部や繁華街では治安が悪く、衣服にケチャッ プ状のものをかけ、拭き取るふりをしながら所持品をひったくるケチャップ強盗がいます。知らないトリニダード・トバゴ人に「服が汚れているよ」と指摘されても無視し、治安の良い安全な場所に着いてから拭き取りまし ょう。最近では「盗難被害に遭った。少しお金を融通してくれな いか。」という寸借詐欺や、その際に取り出した財布を狙う犯罪が発生しています。

バスの停留所や交差点で立ち止まっている時に、走行中の車から手が伸びてきて貴重品をひったくられることがあります。特に暗くなってからは目の前を通る車やバイクにも注意してください。トリニダード・トバゴでは、周りに人通りがあっても襲われることがあります。都市部特有の治安の悪さです。

3. タクシー利用には細心の注意が必要

出典: commons.wikimedia.org

ピアルコ国際空港は治安が悪いので、タクシーが必要な時は半袖の白シャツを着用し、写真が記載されたIDカードを付けている公認のタクシー会社のみ利用してください。午前7時30分から深夜0時頃までは、税関通過後の空港ビル出口に設置されている電話を使って、タクシーの手配を依頼することができます。この国の空港やバスターミナルは何処でも治安が悪く、白タクが横行しています。

ナンバープレートが「H」で始まる流しのタクシーは乗り合いタクシー。犯罪被害に遭う可能性が高いので、必ずホテルが手配したタクシーなどを利用してください。ナンバープレートが「 P」で始まる車は違法営業の白タク。運転手やその仲間がグルになって強盗や誘拐、性犯罪などを働くので、絶対に利用しないでください。バスはルートによって治安が悪い地区を通ることもあるので、このようなバスの利用は避けるようにしましょう。近年、トリニダード・トバゴの各都市部では慢性的に渋滞が発生しています。運転マナーは日本に比べて悪く、交通ルールを守らない車両が多いので注意です。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

トリニダード・トバゴでおすすめの記事

トリニダード・トバゴのアクセスランキング