「アフリカの真珠」と謳われた美しい国!東アフリカ・ウガンダの治安

画像出典:mbrand85/shutterstock

「アフリカの真珠」と謳われた美しい国!東アフリカ・ウガンダの治安

ウガンダは、かつて「アフリカの真珠」と謳われたほどの美しい国です。マチソン・フォールズや大自然の神秘を感じるルウェンゾリ山地、野生動物たちが住む森や大平原など現在もその美しさは続いています。ウガンダの首都カンパラの治安は、懸念されていたゲリラ活動もなく、現在は安定しています。一方、郊外ではインフラ整備が遅れており、現在でも餓死者が出るなど治安が良くない地区があるのも現状。2018年9月現在渡航中止勧告が出ている地域もあります。そんなウガンダの治安についてご紹介します。

目次

「アフリカの真珠」と謳われた美しい国!東アフリカ・ウガンダの治安

目次を閉じる

1. 一般的な治安情報

出典: mtcurado

ウガンダの現在の治安は、外務省のホームページで危険情報が出ています。南スーダン国境からの難民流入で治安の悪化が危惧されましたが悪化は見られていません。この難民流入も一応落ち着きました。北部ウガンダにおいてもゲリラの活動が活発になっていましたが、現在は問題ないようです。

2016年2月に大統領選が行われオボテ大統領が再選しましたが、2011年4月に首都カンパラで起こった10人が死亡するというような反政府抗議集会・デモは起こっていません。しかし、西部では2015年4月に暴動が起きたと伝えられましたが、伝統的な牛の争奪に関するものと判明し、周囲には影響はなかったようです。安定しているとはいえ、治安上旅行には十分注意してください。

2. 注意するべき地域

出典: FrankvandenBergh

外務省では、4段階のレベルに分けて、治安情報を公表しています。ウガンダでは現在危険情報レベル1~レベル3までが出されています。ウガンダで治安上の危険な地域は以下の状況です。

レベル3は、北東部カボング県と西部のブンディブジョ県,ントロコ県は渡航中止勧告です。
レベル2は、北東部のコティド県,アビム県,モロト県,ナパク県,ナカピリピリティ県,アムダティ県と南スーダンとの国境付近は不要不急の渡航はやめてくださいとの警告が出ています。
レベル1は、首都のカンパラ及び上記以外の地域はレベル1の十分注意してくださいです。
しかし、北部のアジュマニ県,アムル県,ヌォヤ県,グル県,キトゥグム県,パデル県,アパッチ県,オヤム県,コレ県,リラ県,アガゴ県,ラムォ県や、北東部のカタクイ県,アムリア県,アレブトング県,オトゥケ県及び北西部のコボコ県,ユンベ県,モヨ県,マラチャ県,アルア県,ネビ県,ゾンボ県は前回までは、レベル2だったので注意してください。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

ウガンダでおすすめの記事

ウガンダのアクセスランキング