【リビアの治安】カダフィ政権崩壊後の今、渡航は注意

画像出典:pixabay.com

アフリカ大陸のリビアは地中海に面し、エジプト、スーダン、チャド、ニジェール、アルジェリア、チュニジアとの国境を有する国です。長い間カダフィ大佐による独裁政権が支配していた国です。2011年カダフィは内戦により殺害され、現在も国内は混乱が続いている状態です。気になるリビアの治安情報をお伝えします。

[x] 閉じる

【リビアの治安】カダフィ政権崩壊後の今、渡航は注意:目次

1.国全土が「レベル4:退避してください。渡航は止めてください」

リビアの治安は非常に悪いです。2017年8月現在、外務省の海外安全情報によるとリビアは国土全てが真っ赤に染まり、危険レベル4の退避勧告が出ています。

カダフィ政権が崩壊してからというものの治安は一向に良くなりません。現在も3つの政治勢力が並立しているために、国がリビア全土の治安を維持できるようなシステムを構築するに至っていないのです。当然軍の統制も整っておらず国内の警備もままならない状態となっており、とても不安定な治安情勢となっています。

リビアの治安が回復する目処は全く立っていません。リビアの訪問を考えている人は今はやめて、国としての制度や秩序が整ってからの渡航を強くお勧めします。

2.国内の各地でテロが起きる可能性があります

出典:pixabay.com

政権が崩壊したリビアでは各地でテロ事件が起こっており、一層治安を悪化させています。2011年のクーデター以降、民兵組織が各地で衝突を起こしているスキを突いて、ISIL等のイスラム過激派テロ組織がリビアに侵攻してきました。その後テロ組織はリビアの治安部隊との交戦を続けながらも各地でテロを起こしています。

2016年12月にはISILの拠点のひとつとなっていたリビア北部のシルテが開放されました。しかしシルテから逃亡した戦闘員がリビアの国内各地に散らばって潜伏している可能性があり、新たなテロが起きる可能性が指摘されています。

3.周辺各国からテロリストのみならず武器や弾薬が密輸されています

出典:www.pexels.com

治安維持が十分になされていないエリアが広くあり特に国境管理が甘く、各国との国境周辺はリビアの中でも治安の悪いエリアとなっています。

国境からテロリストや彼らが持ち込む武器や弾薬などが密輸されているために周辺では一層の注意が必要です。特にニジェールやチャドと接する南部の治安が悪く、この周辺では多くのテロリストがリビアに入国し、近辺に潜伏していると言われていることからいつテロがおこってもおかしくないとされています。

リビアでは国内全域で誘拐や殺人などの凶悪犯罪が多発しているために、外務省も職員の安全を鑑みて2014年7月以降、在リビア日本大使館を閉鎖する処置を取っています。私達の想像もつかない様な事件が発生する国ですので渡航はやめましょう。

4.首都のトリポリでは多くの国が大使館を閉鎖しました

リビアのトリポリでも一層治安が悪くなっています。トリポリでは国軍や警察の統一がなされておらずいくつかの民兵組織が存在し、それぞれが活動している状態です。民兵組織同士の衝突も発生しているためになかなか治安問題が収束に向かいません。

外国人の誘拐事件や襲撃事件などの凶悪犯罪も発生しています。トリポリ市内の外国公館を狙った爆弾テロも発生していて在リビア日本大使館だけでなくその他の国々の大使館も閉鎖するところまで治安が悪化しています。

外務省は現在のリビアの治安状況から、取材活動であっても入国をしないよう通達を出しています。

5.ベンガジやミスラタなど北部も危険

リビアでは首都トリポリ以外においても事件が発生し、治安が悪くなっているので注意が必要です。リビアの東北部に位置する港湾都市ベンガジにおいてはリビア東部の治安部隊による、激しいテロ組織の掃討作戦が行われています。テロ組織もこれに応戦しているために爆発やロケット攻撃などが行われることがあります。シルテ解放がなされた後もテロリストが各地にひそんでいると見られ、治安状態が不安定です。

◎まとめ

カダフィによる独裁政権の終焉とともにリビアは混沌とした状態が続いています。バックパッカー的な旅をしているとアフリカ各国を制覇したいと希望を持つ人もいるかもしれませんが、アフリカは陸続きであっても国によって治安状態が全く異なります。まずは治安の情報を集めて入国が可能な状態かどうか、慎重に判断する必要があります。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

リビアでおすすめの記事

リビアのアクセスランキング