【ウルグアイの治安】南米では比較的安全!でも軽犯罪に要注意

【ウルグアイの治安】南米では比較的安全!でも軽犯罪に要注意

目次

【ウルグアイの治安】南米では比較的安全!でも軽犯罪に要注意

目次を閉じる

1. 「短時間誘拐」に要注意

一年に数回程度ですが、短時間誘拐が発生しています。被害者を短時間誘拐し、ATMで現金を引き出させたり、自宅で現金を脅し取った後解放するもので、ウルグアイに限らず時折日本でも似たような事件が起こっています。主に地元の人が被害にあい、外国人の被害報告はないようですが、今後全く被害がないとも言い切れません。

日本人は現地で「富裕層」とみなされているため、標的になる可能性もあります。標的にならないためにも、尾行や周囲の変化などに気づけるよう常に周りを意識しましょう。人気がない場所、親しげに話しかけてくる人には要注意!高級ブランドのバッグを持ち歩いたり、公共の場で財布を広げるのは厳禁です。

2. 治安の悪い場所を避け、人混みは持ち物や周囲に気を配る

首都モンテビデオでの日本人の被害は強盗やひったくりが主です。特に被害報告が多いのは旧市街地区(シウダ・ビエハ)や、新市街地区(ポシートス、プンタ・カレータス、ブセオなど。危険な地域は避ける、訪問する場合は華美な服装を避けたり、ブランドものや宝飾類は身につけない、自分のバッグには常に気を配るなどの基本的な用心を心がけましょう。

スーパーやショッピングセンターのような人混みが多いところも被害の多い場所です。特に代金を払うときに財布を出す瞬間は、周りを十分確認してください。二人乗りのバイクでのひったくり被害も多発しています。車道の近くは歩かないように気を付けましょう。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

ウルグアイでおすすめの記事

ウルグアイのアクセスランキング