【ジョージアの治安】大幅に改善されているものの国境沿いは接近NG!

画像出典:saiko3p/Shutterstock

【ジョージアの治安】大幅に改善されているものの国境沿いは接近NG!

目次

【ジョージアの治安】大幅に改善されているものの国境沿いは接近NG!

1.ひったくりや強盗に注意

出典: AntonioGuillem

外務省が発信している治安情報では、ジョージア全土が危険レベル1に指定されており、さらに国境沿いはレベル2の「不要不急の渡航は止めてください」となっています。以前に比べると首都トビリシの治安は大幅に改善されているようですが、まだまだ注意が必要のようです。

渡航先で巻き込まれる軽犯罪の代表格といえばひったくり。ここジョージアでも、観光客を狙った窃盗事件が多発していますよ。奴らは写真撮影やショッピングに夢中で気が逸れている隙を狙っているので、貴重品は肌身に離さず身に着けておくことが大切です。

さらにこれは、レストランやカフェでも徹底してください。椅子に荷物をかけたり足元に置いたままにすると、置き引きされる可能性があります。貴重品はバッグに入れず、洋服の中に着用するマネーベルトを使用するのも良いでしょう。とにかく油断は禁物です。

2.夜間の一人歩きはしないように

出典: www.istockphoto.com

治安の良い日本にいると感覚が麻痺してしまいがちですが、どの国に行っても夜間の一人歩きはとても危険です。特に女性は要注意。ジョージアでは、顔面を殴ったり刃物で刺すなどの事件が発生しています。
金品を奪われるだけならまだしも、怪我まで負ってしまったら旅行の続行も危ういですよね。とにかく「日本とは治安が違う」を意識しながら行動しましょう。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

ジョージア(グルジア)でおすすめの記事

ジョージア(グルジア)のアクセスランキング