【レバノンの治安】気をつけて!注意するべき事はテロだけじゃない

画像出典:www.istockphoto.com

【レバノンの治安】気をつけて!注意するべき事はテロだけじゃない

レバノンは地中海に面し、首都のベイルートは「中東のパリ」と謳われたほど美しい町です。しかし過去のイスラエルとの戦争のイメージや内戦が続くシリアと国境を接していることから、レバノンの治安に不安を感じているという方も多いのではないでしょうか。そこでレバノンの治安について、注意すべきポイントや危険な場所についてご案内します。

目次

【レバノンの治安】気をつけて!注意するべき事はテロだけじゃない

目次を閉じる

1,アルサールには近づかない

出典: www.istockphoto.com

レバノンのアルサールは、シリアとの国境沿いに位置する町です。レバノンの中でも特に治安情勢が悪く、現時点で外務省のホームページでは退避勧告となっています。

アルサールはシリアからの難民が特に多く、シリアから発射されたミサイルが着弾することもあります。また日本人被害者は出ていないものの、裕福層を狙った誘拐も頻発しています。アルサールには軽い気持ちで近づかないようにしましょう。

アルサールだけでなく、シリア・イスラエルとの国境付近はレバノンの中でも治安情勢が不安定な場所です。なるべく行くことは控えましょう。

2.ベイルート、テロの危険性

出典: www.istockphoto.com

レバノンの首都ベイルートは内戦からの復興が進み、ヨーロッパを思わせる美しい街並みが戻ってきています。観光客が集まる中心地を歩いても治安の悪さは感じないかもしれません。

テロの発生件数は減少傾向にあるものの2015年には43人が死亡する自爆テロがあり、大きなニュースになりました。2016年にもレバノン国軍より、イスラム過激派が観光地など人が集まる場所でのテロを計画していたと発表されています。治安の比較的良いベイルートでもいつテロが起きてもおかしくない治安情勢だといえます。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

レバノンでおすすめの記事

レバノンのアクセスランキング