【ラオスの治安】東南アジア最後の桃源郷を満喫するためのポイント

画像出典:www.istockphoto.com

【ラオスの治安】東南アジア最後の桃源郷を満喫するためのポイント

日本人にも人気の旅行先である東南アジアの国ラオス。観光に出かける前は、その国の治安がどうなのか気になりますよね。快適な旅をするために治安に関する情報は最低限抑えておきたいものです。東南アジア最後の桃源郷と称されるようにのんびりとした時間が流れる、リラックスした雰囲気が魅力のラオス。ここではそんなラオスの治安の実態を紹介していきます。

目次

【ラオスの治安】東南アジア最後の桃源郷を満喫するためのポイント

目次を閉じる

1.路上でのひったくりに気をつける

出典: www.pexels.com

ラオス首都ビエンチャンでは治安維持のために「路上強盗、侵入盗多発警報」が発令されています。いわゆる「ひったくり」のような犯罪は増加傾向にあり、ラオスの治安の悪化が懸念されているところです。被害者が抵抗すると年齢や性別に関係なく危害を与えてくる恐れがあるので、抵抗することは避けましょう。犯人グループはナイフや棒に限らず、拳銃を持っていることもあります。近隣諸国からの密輸入で増加している銃器類もラオスの治安の懸念事項といえます。
実際に銃器を用いた事件も発生しているので、路上を歩く際は最低限の貴重品のみを携行したり夜間は1人で外出しないようにするなど治安を考慮した対策を取るようにしましょう。

2.レンタルバイクの取り扱いに気をつける

出典: www.pexels.com

ラオスの治安について近年よく見られる事件が、車上荒らしや車両窃盗。首都ビエンチャンなど都市部において多く発生しています。ラオス観光中に手軽な交通手段であるレンタルバイクですが、利用の際は取り扱いに十分に気をつけてください。わずかな時間の駐車でも鍵をさしたままにせず、ロックするようにしましょう。また人通りが少なく治安の良くないような路地には停めず、人通りの多い場所や警備員が常駐しているスペースに駐車することを心がけてください。レンタルバイクの修理や弁償ということになれば、予期せぬ多額の出費が必要となってしまうので、ラオスでの治安対策は万全にしておきましょう。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

ラオスでおすすめの記事

ラオスのアクセスランキング