【グアドループ島の治安】カリブ海に浮かぶ島、フランス海外県の治安情報

画像出典:Oliver Hoffmann/shutterstock

【グアドループ島の治安】カリブ海に浮かぶ島、フランス海外県の治安情報

グアドループ島は、バステール島とグランド・テール島から成るカリブ海に浮かぶ島。フランスの海外県で、砂糖とバナナの栽培が経済の中心になっています。ポワンタピートル・ルレゼ国際空港がグアドループ島の空の玄関口で、フランス本土はもちろん、アメリカの主要都市からグアドループ島への直行便がでているので観光客が多い所。

グアドループ島の住民のほとんどはクレオール人で、そのほかにはフランス人、インド系、中華系の人々も住んでいます。公用語はフランス語とクレオール語で、フランス語圏からの観光客が多くグアドループ島へ訪れています。そんなグアドループ島の治安についてご紹介していきます。

目次

【グアドループ島の治安】カリブ海に浮かぶ島、フランス海外県の治安情報

1. テロやデモの危険性

出典: Sergey Kelin/shutterstock

グアドループ島はテロの危険性については低いですが、いつ、どこでテロが起こるかわかりません。2013年にグアドループ島の治安が悪化したとのニュースがありました。これは失業、貧困化と大きく関係していたので、引き続きの注意が必要です。

またデモについても、いつ発生するかはわかりません。デモが発生すると突然、人々が暴力的になる可能性があるので、デモや大規模な集会が行われている場所には近づかないようにしてください。どこにいても、テロやデモの発生はゼロではないので、気を付けましょう。

2. 身の回りのものに注意

出典: PaddenPhotography/shutterstock

グアドループ島でも、スリ、置き引きなどの盗難、小規模な犯罪が発生します。常に 身の回り品、パスポート、現金、宝石類 などの貴重品、重要書類などの保管や取扱に十分注意、確認してください。夜のビーチや人気のないエリアへは立ち入らないようにしてください。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

グアドループ島でおすすめの記事

グアドループ島のアクセスランキング