【チリの治安】窃盗の対象にならないように日本人観光客オーラは出さない!

画像出典:tifonimages

【チリの治安】窃盗の対象にならないように日本人観光客オーラは出さない!

チリは南米の太平洋側にある南北に伸びた細長い国。国の北部は南極に近く、氷河クルーズが楽しめるアルベルト・デ・アゴスティニ国立公園は有名観光地の一つですね!また、広大な自然の中でするトレッキングが魅力のトレス・デル・パイネ国立公園や、不思議な魅力のあるイースター島、16世紀から続くカラフルな町バルパライソなども、チリの人気観光地です。そんな素晴らしい観光スポットに恵まれたチリですが、治安の方はどうでしょうか?特に南米エリアですから、渡航前に必要な治安情報を得て安全に旅をしたいものです。ここでは、チリ国内で日本人観光客が意識すべきこと、気を付けるべきことなどの治安情報をお伝えします。ぜひ旅の参考にして下さいね!

目次

【チリの治安】窃盗の対象にならないように日本人観光客オーラは出さない!

目次を閉じる

1.市民レベルでは治安が良いとはいえない

出典: IHervas

2018年8月現在、外務省が発信している地域別の治安情報では、チリ全土で危険レベル1以上の対象になっているところはありません。また、他の南米諸国に比べるとチリの治安レベルは高いという評価が一般にあるようです。では、市民レベルでみた治安についてはどうでしょうか。

在チリ日本大使館の注意勧告よる、観光客及び在日邦人の被害情報を見る限りでは、スリや脅しによる強盗などが多数起きており、必ずしも治安が良いとは言えません。渡航前には、チリの危ない地域や安全情報を収集し、日本にいる時のような意識レベルで旅行しないことが重要です。

2.バスやタクシーの中で居眠りはしない!荷物管理の徹底

出典: gruizza

チリの治安は、滞在地域によって大きく異なるようです。地方に住んでいる在チリ邦人によると、日本ほど治安レベルは高くないですが、危険な目に遭ったことはないという報告もあります。ただ、チリの中でも都市部や首都サンティアゴの治安は悪く、スリや盗難事件は多発。裕福と見られている日本人はその対象になりやすいです。

では、どんなことに注意したらいいのでしょうか?まず、バスやタクシーの中で居眠りをしないこと!大勢の人がいるバスの中ならともかくと思いますが、実際にタクシーで居眠りをしていて、降りた時には腕時計や携帯が盗まれていたということが起きています。また、日本でならバスのトイレ休憩中に車内に貴重品以外の荷物を置いて行っても大丈夫ですが、チリで同じようなことはしないで下さいね。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

チリでおすすめの記事

チリのアクセスランキング