【キプロスの治安】基本的な防犯対策で楽しい旅行を

画像出典:Paphoshotelbeach (CC BY-SA 3.0)

【キプロスの治安】基本的な防犯対策で楽しい旅行を

目次

【キプロスの治安】基本的な防犯対策で楽しい旅行を

3.テロなどの不測の事態が起こり得る可能性も

2015年より、シリアやチュニジアで日本人が殺害されるテロ事件が発生、ISIL(イラク・レバントのイスラム国)などのイスラム過激派組織やこれらの主張に影響を受けている者によるとみられるテロが世界各地で発生しています。

残念ながら現在も日本人を含む世界中の人々がテロなどの危険な事件に巻き込まれる可能性は十分あります。比較的治安が良いといわれるキプロスでも起こり得る可能性がありますので注意が必要です。

現在の情勢・状況を十分に理解・認識し、誘拐や脅迫、テロなどの不測の事態に巻き込まれることがないように注意しましょう。渡航前には海外安全情報や報道などから最新の治安・テロ情勢等の関連情報の入手をするようにしてください。

4.キプロスでの注意事項

出典: www.istockphoto.com

「北キプロス」へは観光目的の場合、「キプロス共和国」側のニコシア市・レドラ通りなどのチェックポイントでパスポートのチェックを受けてから入域(入国)することができます。「北キプロス」の入国スタンプは通常、入国時に別紙へ押されますが、もしパスポートに「北キプロス」の入国スタンプが押されてしまうと、それを理由に「キプロス共和国」への入国を拒否される場合があります。タバコなどの「北キプロス」からの持込制限もありますので御注意ください。

キプロスでは空港・港湾・軍事施設などの特定地区では写真・ビデオの撮影が禁止されています。もし、うっかりと撮影した場合、当局に逮捕、拘束されてしまいますますので十分に注意をしてください。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

キプロスでおすすめの記事

キプロスのアクセスランキング