ビザンチン建築の神髄!ダフニ修道院、オシオス・ルカス修道院、ヒオス島のネア・モニ修道院

画像出典:Andy Hay / flickr

ビザンチン建築の神髄!ダフニ修道院、オシオス・ルカス修道院、ヒオス島のネア・モニ修道院

「ダフニ修道院、オシオス・ルカス修道院、ヒオス島のネア・モニ修道院」は、およそ1000年も続いた東ローマ(ビザンチン)帝国時代に建設されたギリシア正教会の3つの修道院です。ギリシア古典とオリエント的要素を組合わせた独特の文化、ビザンチン建築の神髄に触れることができる世界遺産です。

今回は、ギリシアの世界遺産「ダフニ修道院、オシオス・ルカス修道院、ヒオス島のネア・モニ修道院」をご紹介したいと思います。華やかでどこかエキゾチックな香りがする3つの修道院。東ローマ時代の宗教の様子と、華麗なビザンチンの文化・芸術を存分に満喫できる世界遺産ですよ。

目次

ビザンチン建築の神髄!ダフニ修道院、オシオス・ルカス修道院、ヒオス島のネア・モニ修道院

目次を閉じる

ダフニ修道院、オシオス・ルカス修道院、ヒオス島のネア・モニ修道院とは?

ギリシャの世界遺産「ダフニ修道院、オシオス・ルカス修道院、ヒオス島のネア・モニ修道院」は、ビザンチン時代中期に建設された修道院です。ほぼ同時期にビザンチン様式で建てられた3つの修道院の特徴は、金がふんだんに使われた豪華なモザイク画やイコンです。この3つの修道院で建設過程が分かっているのは、ネア・モニ修道院のみ。東ローマ帝国時代に開花した華麗なるビザンチン芸術を今に語る修道院として、1990年にユネスコ世界遺産に登録されています。

南ギリシアで一番美しいといわれる「ダフニ修道院」、ビザンチン建築の傑作と称される「オシオス・ルカス修道院」そして11世紀以前のモザイク画と修道院建設の歴史を垣間見ることができる「ヒオス島のネア・モニ修道院」は、11~12世紀ごろの中期ビザンチン建築を今に伝える世界遺産です。世界遺産として訪れる人は少ないですが、美しいモザイク画やイコンなどはとても見応えがあり、当時の人々の信仰の篤さと情熱が修道院から伝わってくるようです。ギリシアの美しい景色と共に、ビザンチン芸術の傑作と称される修道院の魅力を感じてくださいね。

ダフニ修道院、オシオス・ルカス修道院、ヒオス島のネア・モニ修道院へのアクセス

ダフニ修道院は、アテネのエレフテリアス広場からバスに乗りモニ・ダフニウで下車。所要時間は約40分です。
オシオス・ルカス修道院へは、アテネのリオシオン・ターミナルからディストモかアンティキラ行きに乗りディストモで下車。所要時間は約2時間半。そこからタクシーで約10分です。
ヒオス島のネア・モニ修道院へは、アテネからヒオス島まで飛行機で約40分。ヒオス・タウンから西へ約14キロメートル、車での所要時間は約40分です。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

ギリシャでおすすめの記事

ギリシャのアクセスランキング