【パキスタンの治安】渡航する際には身の回りの危険に十分注意しよう

画像出典:www.istockphoto.com

【パキスタンの治安】渡航する際には身の回りの危険に十分注意しよう

パキスタンにはモヘンジョダロ遺跡やラホールの城塞など世界遺産や観光地もいくつかあり、親日家が多い魅力的な国です。でもパキスタンの治安はあまりいいとはいえないのが現状。パキスタン全土でテロや強盗事件が多発していて、日本人にも死傷者が出ています。観光としての渡航は現在決しておすすめできません。出張などでパキスタンに渡航する際は十分ご注意ください。現在のパキスタンの治安状況を確認してみましょう。

目次

【パキスタンの治安】渡航する際には身の回りの危険に十分注意しよう

1.外務省の海外安全情報を確認しよう

パキスタンは2017年8月現在、全土に危険情報が出されています。パキスタンの北部、アフガニスタンとの国境沿いはレベル4の退避勧告「退避を勧告します。渡航は止めてください」。また、パキスタンの中央部KP州、バロチスタン州、シンド州はレベル3の渡航中止勧告「渡航は止めてください。パキスタンに滞在中の人は不測の事態に巻き込まれないよう退避を含め危険回避を真剣に心掛けてください」という勧告が出されています。

さらに首都イスラマバード、カラチ、パンジャブ州などを含め全土にレベル2の「不要不急の渡航は止めてください」と勧告が出されています。外務省のホームページでは、「全土にテロ・誘拐の脅威があります。巻き込まれないよう注意してください」とあります。パキスタンへの渡航は見送ることをおすすめします。

2.テロや誘拐に巻き込まれないようにしよう

外務省のホームページによると、パキスタンの各地でイスラム過激派勢力によるテロが多発しています。アフガニスタンとの国境地帯では軍や警察等が標的になっています。カラチ市では外国人を狙ったテロも頻発しているほか、ラホール市等の都市では治安機関や宗教施設等を狙った爆弾テロ事件が発生しています。
またKP州及びバロチスタン州をはじめ、各地で外国人を狙った誘拐事件が発生しています。日本人も被害に合う可能性が高く、最新の安全情報を入手し安全な行動を心掛けるようにしてください。

在パキスタン日本大使館では「宗教行事や集会が行われている場所には、決して近づかない」「攻撃の標的となりやすい場所(政府機関、報道機関など)には近づかない」「名ホテルやファースト・フード店を含む欧米関連施設、レストランやマーケット等に立ち寄る際はできるだけ短時間で用事を済ませる」などの注意を呼びかけています。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

パキスタンでおすすめの記事

パキスタンのアクセスランキング