【コロンビアの治安】一部渡航中止勧告あり!十分に注意して!

【コロンビアの治安】一部渡航中止勧告あり!十分に注意して!

目次

【コロンビアの治安】一部渡航中止勧告あり!十分に注意して!

ボゴタ以外の主要都市の治安は?

首都ボゴタ以外の治安状況を見ていきましょう。メデジン(アンティオキア県)・バランキージャ(アトランティコ県)・カルタヘナ(ボリーバル県)・ブカラマンガ(サンタンデール県)はレベル1、カリ(バジェ・デル・カウカ県)・ククタ(ノルテ・デ・サンタンデール県)はレベル2となっています。

危険レベル3を設定されている主要都市はありませんが、パジェ・デル・カウカ県とノルテ・デ・サンタンデール県にはレベル3のエリアがあります。外出時などに危険レベルの高いエリアに近づいてしまう可能性もあるので、常に地域の最新情報を得るように心がけてください。

世界遺産のある地域の治安は?

コロンビアの世界遺産のある地域の治安はどうでしょうか。「サン・アグスティン遺跡公園」のあるウイラ県はレベル1、「カルタヘナの港、要塞、歴史的建造物群」と「サンタ・クルス・デ・モンポスの歴史地区」のあるボリーバル県、「ロス・カティオス国立公園」のあるチョコ県はレベル2。「ティエラデントロの国立遺跡公園」のあるカウカ県はレベル3となっています。

また、カルダス県、キンディオ県、リサラルダ県、パジェ・デル・カウカ県の4つ県にまたがる世界遺産「コロンビアのコーヒー産地の文化的景観」周辺の危険レベルは1〜2です。「マルペロの動植物保護区」はパジェ・デル・カウカ県にあります。治安や危険レベルに関わらず、観光客の多いエリアではカメラなどの盗難が多いのでやはり注意が必要です。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

コロンビアでおすすめの記事

コロンビアのアクセスランキング