ガボンの世界遺産!ロペ=オカンダの生態系と残存する文化的景観

画像出典:KeriG/Shutterstock

ガボンの世界遺産!ロペ=オカンダの生態系と残存する文化的景観

中央アフリカに位置するガボンは、赤道直下の国としても知られ、国土の8割以上が森林です。北側にカメルーン、西側に大西洋と面しており、国内には全長約1200kmのオゴウェ川が流れ、自然豊かな国。

ガボンの中心部には、世界遺産ロペ=オカンダの生態系と残存する文化的景観があり、2007年に複合遺産として登録されました。敷地内の大部分が熱帯雨林ですが、サバンナもあることから他では見られない生態系が見られます。そんなガボンの世界遺産、ロペ=オカンダの生態系と残存する文化的景観の魅力をご紹介します。

目次

ガボンの世界遺産!ロペ=オカンダの生態系と残存する文化的景観

ロペ=オカンダの生態系と残存する文化的景観とは?

出典: KeriG/shutterstock

ロペ=オカンダの生態系と残存する文化的景観には、ロペ国立公園をメインとした自然に加えて、1946年に野生動物保護区の地域も含みます。1500種類以上の植物や絶滅が危惧されている大型の動物などが生息し、多様な生態系が魅力的。

また、このエリアには様々な民族が暮らしており、昔ながらの生活をするピグミー族は有名です。先史時代からの住まいや生活の跡も見られ、当時の人々の生活を知る重要なもの。さらに1800枚以上の岩絵も発見されています。

ロペ=オカンダの生態系と残存する文化的景観へのアクセス

日本からガボンまでは、アジアやアフリカの国を経由し、ガボンの首都にあるリーブルヴィル国際空港まで行きます。空港からは鉄道やバスもありますが、かなり本数が少なく、アクセスも悪いので、事前にツアーを申し込んで参加されることをおすすめします。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

ガボンでおすすめの記事

ガボンのアクセスランキング