アフリカ・リビアの古代ローマ遺跡!世界遺産レプティス・マグナの古代遺跡

画像出典:Aleksandra H. Kossowska/Shutterstock

アフリカ・リビアの古代ローマ遺跡!世界遺産レプティス・マグナの古代遺跡

GoToキャンペーンバナー

アフリカ大陸に位置し、地中海に面する国の一つリビア。2011年にカダフィ政権が倒れ情勢不安が続いていますが、このリビアには貴重な世界遺産がたくさんあります。古代からベルベル人が住み、その後ギリシア人やフェニキア人が入植し、ローマ帝国やビザンチン帝国などの支配を受けます。その歴史から興味深い遺構が残るリビア。その一つに世界遺産「レプティス・マグナの古代遺跡」があります。今回は1200年以上も砂に眠っていたその世界遺産をご紹介しましょう。

目次

アフリカ・リビアの古代ローマ遺跡!世界遺産レプティス・マグナの古代遺跡

目次を閉じる

レプティス・マグナの古代遺跡とは?

出典: www.istockphoto.com

世界遺産「レプティス・マグナの古代遺跡」は、リビアの首都トリポリの東130kmに位置する古代ローマ時代の都市遺跡です。レプティス・マグナからは初のアフリカ出身のローマ皇帝を輩出し、このローマ皇帝セプティミウス・セウェルス治世の時代には、レプティス・マグナは絶頂期を迎えます。元からレプティス・マグナは地中海での重要な交易地でありましたが、セプティミウス・セウェルスが皇帝となった後にもこの地を優遇し、アフリカ第三の都市にまで発展させました。しかし交易が減少するとともに、レプティス・マグナは衰退してしまいました。

廃れてしまったレプティス・マグナは1200年もの間砂に埋もれ、1921年に再発見されます。見つかった遺構は砂に埋もれていたため良く保存され、まだ3割程しか発掘できていません。この世界遺産では大浴場や神殿、市場、ローマ劇場などが見られ彫像やレリーフ、美しいモザイクなども一見の価値があります。かつての古代ローマ帝国の栄光が垣間見える世界遺産です。

レプティス・マグナの古代遺跡へのアクセス

リビアの首都トリポリからは約130キロ。タクシーで約2時間弱、乗り合いタクシーで行く場合がホムスで乗り換えです。ホムスまで約2時間弱、ホムスからタクシーで約15分ほど。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

リビアでおすすめの記事

リビアのアクセスランキング