多民族国家ケニアが誇る世界遺産!ミジケンダの聖なるカヤの森林

画像出典:commons.wikimedia.org

多民族国家ケニアが誇る世界遺産!ミジケンダの聖なるカヤの森林

ケニアの世界遺産「ミジゲンダの聖なるカヤの森林(Sacred Mijikenda Kaya Forests)」は、2008年に世界文化遺産に登録されました。「9つの町」の意味を持つミジゲンダ(Mijikenda)とは、ケニア海岸部に住む9つの民族の総称で、彼らは皆よく似た言語を話し、祖先は伝説の地「シュングワヤ(Shungwaya)」から来たという共通起源を持っています。

世界遺産の対象地域となるのは、インド洋側の沿岸部約200Kmにわたって広がる森林地帯。
ミジケンダの聖域として崇められるこの森林地帯には、要塞化した村がいくつも築かれており「カヤ(Kaya)」と呼ばれています。
それでは、ケニアの世界遺産「ミジゲンダの聖なるカヤの森林」についてご紹介しましょう。

目次

多民族国家ケニアが誇る世界遺産!ミジケンダの聖なるカヤの森林

ミジケンダの聖なるカヤの森林とは?

世界遺産「ミジゲンダの聖なるカヤの森林」は、ケニアのモンバサ県、キリフィ県、クウェール県に広がっています。およそ200km程ある沿岸部の森林地帯から、50個以上ものカヤが発見されました。そのうち世界遺産となっているのは、合計11個のカヤたち。14世紀から16世紀にかけてこの地に移住してきたとされるミジケンダの人々は、1940年代までこのカヤで生活していたのです。

9民族に共通する宗教観が基礎になっているというカヤの構造。中心には先祖が伝説の地・シュングワヤから持って来たとされる呪い物「フィンゴ(fingo)」が埋められており、その周辺に住居や集会所が密集しています。カヤの森林には「ギリアマ人のカヤ」や「ジバナ人のカヤ」と呼ばれる5つの正式なカヤが存在しており、どれも中心にはフィンゴが存在するそうですよ。

周囲に広がる森林は、ミジケンダにとってとても神聖な場所です。先祖の霊が現れる特別な場所と考えられており、伐採は一切禁止されていたのだとか。世界遺産でありながらもなかなか見学許可が下りないカヤですが、ディアニビーチ(Diani)にある「キノンド(Kaya Kinondo)」は観光が許可されていますので、ぜひ訪ねてみて下さいね。

ミジケンダの聖なるカヤの森林へのアクセス

世界遺産に登録されているカヤは、個人で自由に見学することができません。そのため、ミジケンダの人や保護する団体が運営するガイド付きのツアーに参加する必要があります。観光の拠点となるのは、ケニアのモンバサ(Mombasa)。カヤがある森林は、モンバサから北に車で2時間ほど移動したところにあります。

日本からモンバサまでは直行便がないので、アジアや中東、ヨーロッパで乗り継ぐ経由便を利用しましょう。最低でも乗り継ぎは2回必要。総移動時間は40時間を超えますので、スケジュールに余裕を持って行くことをおすすめします。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

ケニアでおすすめの記事

ケニアのアクセスランキング