千年の時を超えて守り続ける生活文化!セネガルの世界遺産バサリ地方

画像出典:BOULENGER Xavier/Shutterstock

千年の時を超えて守り続ける生活文化!セネガルの世界遺産バサリ地方

植民地時代からの影響でフランス語を公用語とし、文化的にも多大なる影響を受けているセネガル共和国ですが、一部の民族は依然として独自の言語や文化を今もなお守り続けています。今回ご紹介するセネガルの世界遺産「バサリ地方:バサリ、フラ、ベディクの文化的景観」は、バサリ人、フラ人、ベディク人の3つの異なる民族がそれぞれ特徴のある文化や社会、宗教観を持っている特異な地域です。

中には千年以上もその伝統を守りながら、未だに昔ながらの生活を続けている人たちもいるそうですよ!
現代社会に生きる私たちには想像もつきませんよね。そんなセネガルのバサリ地方で、普通の観光とは一味違う体験をしてみたいと思いませんか?

目次

千年の時を超えて守り続ける生活文化!セネガルの世界遺産バサリ地方

バサリ地方:バサリ族、フラ族、ベディック族の文化的景観とは?

出典: John Atherton/Flickr

「バサリ地方:バサリ族、フラ族、ベディック族の文化的景観(Bassari Country : Bassari, Fula and Bedik Cultural Landscapes)」とは、セネガル南東部に分布する3つの民族の伝統的な生活様式や世界観、そして独特の社会や儀式、風習、文化などを指します。2012年にセネガルで7番目の世界遺産としてユネスコに登録されました。

11世紀以降にバサリ地方に定住し始めたというバサリ族とフラ族、そしてベディック族の3部族は、それぞれ全く異なる地形に住みながら、宗教的にも社会的にも全く異なる特徴を持っています。このように、外界の様々な環境変化にも揺るぐことなく、今もなお各部族が伝統を守りながら生活するバサリ地方は、マルチカルチャーが上手く共存している好例と言えるでしょう。

文明社会で何不自由なく生活する私たちにとっては、あっと驚くような風習や儀式がたくさんありますが、非日常を体験できるのも旅ならでは。それぞれの部族の特徴をじっくり見てみてくださいね。

バサリ地方:バサリ族、フラ族、ベディック族の文化的景観へのアクセス

バサリ地方への観光拠点となるのは、首都ダカール(Dakar)から約400Km南東にあるタンバクンダ(Tambacounda)です。ダカールからタンバクンダへは「トランスエア・セネガル」が就航しており、運航は週1便のみ。フライト時間はおよそ80分です。ちなみに、車での移動の場合は8時間程かかります。

タンバクンダから各集落までは、ケドゥグ(Kédougou)を経由して行きましょう。タンバクンダからケドゥグまでは車で約4時間。ケドゥグからはガイドと車を雇って各集落を回るのがおすすめです。
ケドゥグには乗り合いバスがありバサリ地方のサレマタ方面へも走っていますが、乗客が一定数集まらないと出発しない上、料金もまちまちですのであまりおすすめしません。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

セネガルでおすすめの記事

セネガルのアクセスランキング