バーレーンは真珠産業で栄えていた!島の経済を表す真珠産業遺産

画像出典:commons.wikimedia.org

バーレーンは真珠産業で栄えていた!島の経済を表す真珠産業遺産

サウジアラビアとイランの間にあるバーレーンは、中東の中でも比較的治安の良い島国です。バーレーン北東部に位置するムハラク島には往時を偲ばせる建造物があります。19世紀初めから20世紀初めにかけて建造された真珠貿易商の邸宅や店舗、倉庫など17に及ぶ真珠関連の建造物が2012年に世界遺産登録されました。そこで今回は、バーレーンの世界遺産「島の経済を表す真珠産業遺産」について紹介していきます。

目次

バーレーンは真珠産業で栄えていた!島の経済を表す真珠産業遺産

島の経済を表す真珠産業遺産とは

出典: typhoonski

バーレーンが真珠産業で黄金時代を向かえていた1850年代から1930年。バーレーンから採取される真珠はダイヤモンドを上回る価値とされ、宝石商で名が知られるジャック・カルチェらを惹きつけていました。

バーレーン近海は上質で量も豊富な好漁場があったことから、採取船のほとんどがバーレーンのムハラク島を拠点にしていたとされています。1930年には約30,000人の潜水夫が真珠の採取するほど、バーレーンの基幹産業として成長しました。しかし1930年を境にバーレーン真珠産業は急速に衰退していったのです。

バーレーン真珠産業が没落した原因は、アメリカから始まった世界恐慌でバーレーンにも大きな打撃となり宝飾品の市場も姿を消してしまったことと、御木本幸吉による日本養殖真珠の発展と言われています。バーレーンの真珠採取業が最盛期だった時代に建造された真珠貿易商の住居や店舗、倉庫などが世界遺産に登録されています。

島の経済を表す真珠産業遺産へのアクセス

日本からバーレーンまでの直行便は運航していないため、ドーハやアブダビ、イスタンブールを経由することになります。平均所要時間は約15時間です。世界遺産に登録された建造物や、真珠産業の拠点となったムハラク島はバーレーン国際空港と同じ島内にあります。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

バーレーンでおすすめの記事

バーレーンのアクセスランキング