世界最古の砂漠で夕陽を眺める!ナミビアの世界遺産ナミブ砂海を歩こう

画像出典:Ev Thomas/Shutterstock

世界最古の砂漠で夕陽を眺める!ナミビアの世界遺産ナミブ砂海を歩こう

アフリカ南西部の国ナミビアには、世界最古の砂漠といわれる美しいナミブ砂漠があります。ナミブ砂漠は太平洋岸沿いに北はアンゴラ、南は南アフリカ共和国の国境付近まで、1000キロ以上に渡って続いています。

そのなかの南北約320キロ・東西120キロにわたるナミブ砂海と呼ばれる一帯は、世界中から絶景ファンが集まる人気観光スポット!外部と隔絶された独自の生態系をもっていることから、生物学的にも貴重なエリアです。そのため 2013年にナミビアで2件目の世界遺産に登録されました。

この記事では、地球上に数ある砂漠のなかでもとくに神秘的なナミブ砂海の魅力に迫ります。

目次

世界最古の砂漠で夕陽を眺める!ナミビアの世界遺産ナミブ砂海を歩こう

目次を閉じる

ナミブ砂海とは?

出典: 瀬島 傑 / PIXTA(ピクスタ)

ナミブとは、現地の主要民族サン人の言葉で「何もない」という意味。その名の通り、南北1200km以上、東西の最大幅160km以上にわたり、高さ100~300mにも達する砂丘が延々と続くのみです。世界最古の砂漠といわれるナミブ砂漠ができたのは、なんと約8000万年前!砂漠と海の境目は、しばしば濃霧が発生して船が難破することから「スケルトンコースト(骸骨海岸)」とも呼ばれています。

美しい砂漠は世界中にたくさんありますが、ナミブ砂海の特徴は砂丘の色。なんとも温かみのあるオレンジ色で、アプリコット色ともいわれています。ナミブ砂海の砂は鉄分を多量に含んでいて、その砂が何万年も太陽に焼かれているうちに赤みを帯び、このような美しい色合いになったのです。見渡す限りの砂と岩石の世界、自分がどこにいるのかも分からなくなってしまいそうな絶景が広がります。

ナミブ砂海へのアクセス

世界遺産ナミブ砂海の最寄りの都市は、北端近くのウォルビスベイか、南端近くのリューデリッツです。どちらも郊外に空港があり、首都ウィントフックからの国内便が就航しています。ウォルビスベイ空港には、ほかに南アフリカのケープタウンからの便もあります。

日本からウィントフックへの直行便はなく、ケープタウンやヨハネスブルク、あるいはドイツのフランクフルトやミュンヘンを経由する必要があります。ウィントフックからは車でナミブ砂海に向かう方法もあり、およそ4時間かかります。

世界遺産の砂漠地帯にはキャンプ場も点在しているので、これらの都市で車をレンタルして個人で訪れることも可能です。ただし、十分な装備が要るので、宿泊付きのツアーに参加したほうが無難です。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

ナミビアでおすすめの記事

ナミビアのアクセスランキング