珍獣が住むコンゴの世界遺産!アフリカ第2の規模を誇るサロンガ国立公園

画像出典:www.istockphoto.com

珍獣が住むコンゴの世界遺産!アフリカ第2の規模を誇るサロンガ国立公園

サロンガ国立公園は、アフリカ中央部に広がるアフリカ最大の熱帯雨林地域。コンゴ川が大きく蛇行する内側にある、高温多湿のジャングルが広がるエリアです。ここには、世界四大珍獣のオカピやボンゴのほか、チンパンジーに似たボノボなど、珍しい動物が多く生息しています。

保護が必要な自然遺産ですから、一般の旅行者が訪れるのはたいへん困難。ここではそんなサロンガ国立公園で見られる珍しい生き物をご紹介したいと思います。

目次

珍獣が住むコンゴの世界遺産!アフリカ第2の規模を誇るサロンガ国立公園

目次を閉じる

サロンガ国立公園とは?

出典: commons.wikimedia.org

サロンガ国立公園は、コンゴ民主共和国で最大の国立公園。コンゴ川支流のサロンガ川とロメラ川流域一帯を占め、約 3万6000平方キロメートルの面積があります。1984年に世界遺産に登録されました。

世界遺産サロンガ国立公園は、熱帯雨林を中心に乾燥地帯やサバンナなどさまざまな環境が見られる地域です。近年は付近の人口増加などにともなう環境の悪化が懸念されていて、1999年には危機遺産のリストに加えられました。

サロンガ国立公園へのアクセス

世界遺産サロンガ国立公園はコンゴ中央部、首都キンシャサの北東500kmほどのところにあります。コンゴは交通網が発達しておらず、内陸部へは一般道路がほとんど作られていません。旅行者には物資輸送のトラック、ローリーに乗せてもらい移動する手段が一般的。但し現在は政情不安の影響もあり治安が悪く、注意が必要です。

そもそも、現在サロンガ国立公園に観光客は立ち入ることができません。

サロンガ国立公園のおすすめポイント① : ボノボ

出典: GUDKOV ANDREY/Shutterstock

世界遺産サロンガ国立公園に住むボノボは、チンパンジーの一種。以前はピグミーチンパンジーとも呼ばれていました。体長は70~80cm、体重40kgくらいの霊長類で、チンパンジーより上半身が小さいのが特徴です。

ボノボは野生ではコンゴ民主共和国でしか見られず、サロンガ国立公園にはおよそ2万頭が生息しているといわれています。熱帯雨林を住処とし、植物の葉や芽、蜂蜜、昆虫、ミミズなどを食料としています。

ボノボは霊長類のなかでもとくに高い知能をもっているといわれ、争いを避ける本能があり、仲間を傷つけることはないのだとか。また道具を使うことができ、飼育下では言葉や簡単なゲームの仕組みを覚えることもできるとされています。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

コンゴ民主共和国でおすすめの記事

コンゴ民主共和国のアクセスランキング