800種ものシグリッドが泳ぐ奇跡の湖!世界遺産マラウイ湖国立公園

画像出典:SAPhotog

800種ものシグリッドが泳ぐ奇跡の湖!世界遺産マラウイ湖国立公園

目次

800種ものシグリッドが泳ぐ奇跡の湖!世界遺産マラウイ湖国立公園

目次を閉じる

世界遺産マラウイ湖での注意事項

とても美しいマラウィ湖ですが、「住血吸虫(ビルハージア)」がいることも知られています。これは皮膚を貫通して体内に侵入するため、湖に入って遊ばなかったとしても、湖の水を使用するシャワーや歯磨きなど様々なルートで感染する可能性が考えられます。

もし、だるさや微熱などを感じたら、フラジカンテル(Phraziquantel)という薬を飲みましょう。この薬はリロングウェやンカタ・ベイなどの町なら一般的に売られており、安価で購入することができます。

また、マラリアの危険性も排除できません。渡航前に抗マラリア薬を医師に処方しておいてもらう方が安心です。しかし抗マラリア薬も完全ではありませんので、マラリアを疑う症状が出た場合や、具合が悪くなったときには速やかに医療機関を受診するようにしてくださいね。

◎まとめ

ブルーが美しいスキアエノクロミス・フライエリー、頭の形が独特なキルトカラ・モーリィ、鮮やかな黄色のイエロー・ピーコックなど、マラウィ湖固有の魚が多いことで有名な世界遺産。美しい景色とともに、ぜひこれらの魚も見てみたいものですね。

ケープ・マクリアでは、マラウイ産のお茶やコーヒー、新鮮なフルーツ、工芸品、かぎ針編みのビキニや地元の人がデザインした衣服まで、素晴らしい世界遺産観光のお土産が手に入ります。プルメリアの咲く美しい庭園で、コーヒーやお茶を飲みながら自家製のお菓子をいただくのもおすすめ。マラウイ湖国立公園は、自然美と豊かな生態系を誇る素晴らしい世界遺産です。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

マラウイでおすすめの記事

マラウイのアクセスランキング