ザンビアとジンバブエの世界遺産・ヴィクトリアの滝を楽しもう!

画像出典:pcalapre/PIXTA(ピクスタ)

ザンビアとジンバブエの世界遺産・ヴィクトリアの滝を楽しもう!

GoToキャンペーンバナー

ザンビア共和国とジンバブエ共和国の国境に位置する世界遺産「ヴィクトリアの滝(Victoria Falls)」は、北米の「ナイアガラの滝」および南米の「イグアスの滝」と並ぶ世界三大瀑布の一つです。
ザンビアでは「雷鳴が轟く水煙」を意味する「モシ・オ・トゥニャ(Mosi-oa-Tunya)」と呼ばれており、同国で唯一の世界遺産となっています。

毎分5億リットルもの水が流れ落ちるという雨期には、噴煙のような水柱が垂直に800~1000mも舞い上がり数Km離れた場所からでもその様子が見えるそうですよ。
そんな迫力ある絶景をぜひ間近で見てみたいと思いませんか?
それでは、ザンビアとジンバブエの世界遺産「ヴィクトリアの滝」についてご紹介していきましょう。

目次

ザンビアとジンバブエの世界遺産・ヴィクトリアの滝を楽しもう!

モシ・オ・トゥニャ/ヴィクトリアの滝とは?

出典: Pawel Gaul

「モシ・オ・トゥニャ/ヴィクトリアの滝」は、1989年に登録されたザンビアとジンバブエの世界自然遺産です。アフリカ南部最大を誇るザンベジ川の中流域にある巨大な滝で、ザンビアとジンバブエの国境に位置しています。ヴィクトリアの滝の幅は1708m、最大落差は108mもあり、最大時の水量はなんと毎分5億リットルにも及ぶそうですよ!

実はあまりにも水量が多いため、周囲の大地が少しずつ浸食されており、今でも位置が移動していってるのだとか。そんな世界遺産「モシ・オ・トゥニャ/ヴィクトリアの滝」は、1855年にスコットランドの探検家デイヴィット・リヴィングストン(David Livingstone)によって発見されました。リヴィングストンは、アフリカ大陸を横断しながら「奴隷解放」に尽力した探検家であり、宣教師です。

ヨーロッパ人として初めて訪れこの地を訪れた彼は、その壮大なスケールと美しさに魅了され、当時のイギリス女王にちなんで「ヴィクトリア・フォールズ」と名付けました。その功労を称えるかのように、世界遺産「モシ・オ・トゥニャ/ヴィクトリアの滝」の入り口には、現在もデイヴィット・リヴィングストン像が飾られています。

モシ・オ・トゥニャ/ヴィクトリアの滝へのアクセス

ヴィクトリアの滝へは、ジンバブエ側とザンビア側どちらからでもアクセス可能です。空路で行く場合は、ジンバブエ側はヴィクトリアフォールズ空港、ザンビア側はリヴィングストン空港が玄関口となります。
ヴィクトリアの滝までは、どちらの空港からも車で20分程です。

日本からの直行便は就航していないので、アジア、中東、ヨーロッパの各都市および南アフリカのヨハネスブルクを経由して、ヴィクトリアフォールズまたはリヴィングストンに入りましょう。どちらも最短で約25時間。フライトスケジュールによっては40時間程かかる場合もあるので注意が必要です。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

ジンバブエでおすすめの記事

ジンバブエのアクセスランキング