アマゾンの生き物たちの楽園!世界遺産ノエル・ケンプ・メルカード国立公園

画像出典:Diego Nunez de Arco/shutterstock

アマゾンの生き物たちの楽園!世界遺産ノエル・ケンプ・メルカード国立公園

目次

アマゾンの生き物たちの楽園!世界遺産ノエル・ケンプ・メルカード国立公園

ノエル・ケンプ・メルカード国立公園とは?

出典: Pattrön

ボリビア北東部のアマゾンのジャングル、ノエル・ケンプ・メルカード国立公園は、2000年に登録された世界遺産。この広大なアマゾンの土地は、研究の対象になりはじめた1900年初頭は「失われた世界」と呼ばれていました。

現在もまだ研究の途中で、人が足を踏み入れていない部分も多くある国立公園です。その特記すべきポイントは、ジャングルに暮らす多種多様な生物たち。それは先カンブリア期の生物進化の歴史を見ることができる、唯一の生態系です。主に高地常緑樹林や落葉樹林、高地乾燥サバンナやサバンナ湿地、樹林湿地の5つの生態系からなるこの地。

そこには、およそ4000種の植物や600種を超える鳥類など、多種多様な生き物が数多く生息しています。絶滅危惧種や、ここでしか見ることのできない多くの固有種もあるので必見。またノエル・ケンプ・メルカード国立公園は、美しい滝や湖など素晴らしい景観もあることから、エコツーリズムの人気スポットでもあります。

ノエル・ケンプ・メルカード国立公園へのアクセス

ボリビアへの直行便はないので、アメリカやメキシコで乗り継ぎ、さらにコロンビアやペルーなどを経由します。ボリビア東部の都市、サンタ・クルス・デ・ラ・シエラのビルビル国際空港から飛行機で約3時間かけて公園の北側の入り口、"Flor de Oro" へ行く方法が一般的です。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

ボリビアでおすすめの記事

ボリビアのアクセスランキング