ラオス最北の秘境・ルアンナムターのおすすめ観光スポット5ヶ所!

画像出典:Muellek Josef/Shutterstock

ラオス最北の秘境・ルアンナムターのおすすめ観光スポット5ヶ所!

ミャンマー、中国と国境を接するラオス最北の県ルアンナムター。ラオス国内で近年観光客が増加している地域として知られています。ナムハー自然保護区でのトレッキングやナムター川のカヤッキングといった、手付かずの自然を余すことなく存分に満喫できるツアーが人気。少数民族の村々も森の各地に点在しているので、興味のある民族の村巡りをするのも良し。ここでは、そんなルアンナムターの観光スポット5ヶ所を紹介していきます!

目次

ラオス最北の秘境・ルアンナムターのおすすめ観光スポット5ヶ所!

目次を閉じる

1.ナムハー自然保護区

開発が進むルアンナムターですが、このナムハー自然保護区は96%が原生林という貴重なエリア。観光客にとっても、自然豊かなありのままの森を探検できるということでとても人気です!

ルアンナムターを訪れる観光客のほとんどはトレッキング目当てと言っても過言ではありません。日帰りから数日間のプランまであるので日程や費用を検討して選んでくださいね。

保護区域内には300種類ほどの鳥類が観察されていて他にも象やサル、トラなど多種多様な動物が生息しています。中には絶滅危惧種に指定されているウンピョウやガウルといった本当に珍しい動物もいるんですよ。そしてトレッキングツアーの醍醐味はもうひとつ、少数民族との触れ合い。

アカ族、カム族、ランテン族などそれぞれが持つ独自の文化を比較してみるのもおもしろいでしょう。

2.Phoum Pouk Stupa

ナムター谷の北東に位置するナムゲン村の近くに位置するPhoum Pouk Stupaは、遡ること1628年に建立された仏塔です。白い土台の上で金色に光り輝く仏塔はとても鮮やかで神々しい雰囲気を感じますよ。

ルアンパバーンに中心があったラーンサーン王朝とチェンマイのランナー王朝との中立地帯を明確にするための象徴として存在していて歴史的にも意義があります。しかし当時の仏塔はベトナム戦争の最中である1966年にアメリカ軍の爆撃に遭い破壊されてしまい、その後新しいモニュメントが2003年に建てられました。

そんな歴史の変遷を経て今ではルアンナムターの観光スポットとして観光客が訪れる場所となっています。小高い丘の上に建っていてるので、のどかなルアンナムターの街並みを見下ろすこともできますよ。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

ルアンナムターでおすすめの記事

    ルアンナムターの記事はまだありません。

ルアンナムターのアクセスランキング