最大級の世界自然遺産!手つかずの自然が残るキリバスのフェニックス諸島

画像出典:Bollar

最大級の世界自然遺産!手つかずの自然が残るキリバスのフェニックス諸島

キリバス共和国は太平洋の中央あたりにあり、ギルバート諸島、フェニックス諸島、ライン諸島と3つの諸島から成る国。そのうちの一つ、フェニックス諸島はキリバスで唯一の世界遺産です。その面積はアメリカのカリフォルニア州とほぼ同じ。世界でも最も大きい世界遺産なのです。人がほとんど訪れることがなく、豊かな自然がたっぷりと残されています。

世界遺産に登録されたことでフェニックス諸島の保護が強化され、その貴重な自然を守る努力が続けられています。ではキリバスの世界遺産フェニックス諸島をご紹介いたします。

目次

最大級の世界自然遺産!手つかずの自然が残るキリバスのフェニックス諸島

目次を閉じる

フェニックス諸島とは

フェニックス諸島は、太平洋の赤道直下の国キリバスの世界自然遺産。キリバスで初めて世界遺産に登録された、世界最大の海洋保護区です。カントン島、エンダベリー島、ハル島,シドニー島など8つの島と2か所のサンゴ礁で成っていますが、カントン島以外はすべて無人島。

世界遺産フェニックス諸島は自然豊かなキリバスでは唯一の世界遺産なのですが、多様な生態系が展開されていて、水中も陸上の生物も目を見張るものばかり。世界遺産としての規模も最大級のもので、40万平方m以上にもなるというから驚きです。世界遺産フェニックス諸島への観光は、キリバスの首都タラワから出る観光ツアーに参加するといいでしょう。

フェニックス諸島へのアクセス

日本からキリバス首都タラワへは、フィジーのナンディ経由で。フェニックス諸島へは、タラワからチャーター船によるツアーに参加する方法がありますが、情報をご確認ください。なおキリバスの国内線は、フェニックス諸島やライン諸島には運行されていません。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

キリバスでおすすめの記事

キリバスのアクセスランキング