奴隷貿易の歴史が残るガンビアの世界遺産「クンタ・キンテ島と関連遺跡群」

画像出典:www.istockphoto.com

奴隷貿易の歴史が残るガンビアの世界遺産「クンタ・キンテ島と関連遺跡群」

西アフリカ西岸のガンビアを地図で確認したとき、真っ先に気になるのはおそらくその不思議な国の形でしょう。これはガンビア川を船で遡って進出したイギリスと、陸路で勢力圏を拡大したフランスが衝突した際、河岸から200マイルをイギリス領として妥結したことにちなんでいます。

そんなガンビアには、世界遺産が2つあります。1つは隣国セネガルにもまたがる「セネガンビアの環状列石」。そしてもう1つが、今回ご紹介する「クンタ・キンテ島と関連遺跡群」です。クンタ・キンテ島は、最大で川幅10kmほどにもなるガンビア川に浮かぶ小島。セネガルのゴレ島と並ぶ、奴隷貿易の象徴ともいえる世界遺産です。

そのほかには、首都バンジュールにある「六連砲台」、その対岸にある「バレン要塞」、およびクンタ・キンテ島の北の対岸にある「サン・ドミンゴの遺跡群」「ポルトガル人の礼拝堂の遺構群」「CFAOの社屋」「モーレル兄弟の商館」の6つの構成資産が含まれています。ここでは、「クンタ・キンテ島」と「ガンビア川河口」、および「アルブレダとジュフレ」という3つのカテゴリに分けてご紹介します。

目次

奴隷貿易の歴史が残るガンビアの世界遺産「クンタ・キンテ島と関連遺跡群」

目次を閉じる

クンタ・キンテ島と関連遺跡群とは?

出典: jptamiy / PIXTA(ピクスタ)

ガンビア川流域に最初に到達したヨーロッパの国はポルトガルでした。彼らは15世紀半ばにクンタ・キンテ島対岸のアルブレダ周辺に入植地を建設しました。世界遺産に含まれている「サン・ドミンゴの遺跡群」や「ポルトガル人の礼拝堂の遺構群」は、このときに造られたものです。当初は現地の首長と友好的な交易を行っていましたが、期待していたほどの黄金が得られないと知ると、ポルトガル人はガンビアを去っていきました。

16世紀に入ると奴隷貿易が活発となり、ガンビア川に浮かぶクンタ・キンテ島は黒人奴隷の輸出拠点としてクローズアップされます。最初にこの島に拠点を築いたのは、バルト海の交易国家クールラント公国でした。彼らは1651年に島に要塞を築きましたが、ほどなくオランダ、次いでイギリスに占領されます。イギリスはこの島をジェームズ島と名付け、1807年に奴隷貿易を廃止するまで300万人ともいわれる黒人奴隷がこの島から輸出されていったといわれています。この間、要塞は何度もフランスや海賊の襲撃に遭い、実際には18世紀末までには荒廃していました。

奴隷貿易が廃止されると、無用となったジェームズ島は放棄され、逆に違法な奴隷の取引を摘発するため、ガンビア川の河口に2つの要塞が建設されました。そのうち南岸側の六連砲台の周辺には新しい都市「バサースト」が拓かれ、これが現在のガンビアの首都バンジュールにつながっています。こうした、奴隷貿易の前と後も含めた「諸段階」を伝える遺構群という点が認められて、2003年に世界遺産に登録されました。

ただし、登録当時のクンタ・キンテ島はまだ「ジェームズ島」と呼ばれていました。クンタ・キンテ島とは、アメリカでベストセラーとなったアレックス・ヘイリーの小説『ルーツ』に登場するヘイリーの先祖クンタ・キンテの名前にちなんで、2011年に改名されたもの。作中でクンタ・キンテは、この島からアメリカ大陸へ輸出されていったとされています。

クンタ・キンテ島と関連遺跡群へのアクセス

日本からバンジュール国際空港への直行便はありません。カサブランカやブリュッセル、アムステルダムなどを経由する必要があります。バンジュール市内には、世界遺産の構成資産の1つ六連砲台がありますが、観光客の立ち入りは制限されています。バンジュールからフェリーでガンビア川を渡った対岸のバッラには、六連砲台と対をなす構成資産のバラン要塞があり、こちらは見学可能です。

ガンビア川のなかに浮かぶ世界遺産クンタ・キンテ島へ行くには、バッラからタクシーで東に向かい、島の対岸の村アルブレダかジェフレを目指します。この2つの村からはいくつかのクンタ・キンテ島に渡るツアーが出ているので、お好きなものに参加しましょう。またアルブレダとジェフレにも計6箇所の世界遺産の構成資産があります。

バンジュールから直接船でクンタ・キンテ島に行くクルージングツアーもあるので、日程や予算などと相談して決めると良いでしょう。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

ガンビアでおすすめの記事

ガンビアのアクセスランキング