富山県砺波観光でチューリップと水と風景を満喫!厳選スポット5選!

画像出典:Anesthesia / PIXTA(ピクスタ)

富山県砺波観光でチューリップと水と風景を満喫!厳選スポット5選!

GoToキャンペーンバナー

砺波(となみ)は富山県西部に位置する町です。砺波平野の中心部にあたり、田園の中に農家が点在する散居村の美しい風景と水に親しむ観光施設があることで知られています。

また、砺波はチューリップの球根の産地としても有名で、チューリップにちなんだ公園や大きなイベントが行われ、全国から多くの人々が観光に訪れます。

砺波の冬は豪雪地帯ですが、四季を問わず観光の魅力に溢れた町なので真冬に訪れてみるのもおすすめ。北陸自動車道の砺波ICやJRを使えば交通アクセスも良いので、ここでご紹介する観光スポットを中心に砺波の旅を楽しみましょう!

目次

富山県砺波観光でチューリップと水と風景を満喫!厳選スポット5選!

目次を閉じる

1.砺波チューリップ公園

出典: Hiroko / PIXTA(ピクスタ)

チューリップは砺波の特産品であり、町を象徴する花。そんな砺波の市民に愛されるチューリップをテーマとした四季折々の花を観光で楽しむ事ができるのが砺波チューリップ公園です。

公園は7ヘクタールもの広さがあり、春には650種、250万本の色鮮やかなチューリップが観光客を迎えてくれます。公園のシンボル・チューリップタワーから見おろす大花壇の眺めは最高で、「絶景」といっても大袈裟ではないくらい素晴らしいので、春の温かい陽気と相まって砺波の観光を満喫できます。

また、夏の「カンナフェスティバル」では1万株のカンナの花が咲き誇り、冬の「チューリップ公園KIRAKIRAミッション」では約10万球のLED電球を使用したチューリップをかたどったイルミネーションやライトアップが美しく、季節を問わず、市民をはじめ多くの人々が観光に訪れます。

公園内や周辺には「五連水車」や一年中チューリップの花が楽しめる「チューリップ四季彩館」「砺波市美術館」「郷土資料館」など見応えのある施設も多いので、たっぷり時間をとって観光するのがおすすめです。

2.夢の平散居村展望台

「散居村(さんきょそん)」とは聞き慣れない言葉ですが、広い耕地の中に民家が散らばって点在することをいいます。ここ砺波ではその散居村の風景がとても美しく、人気の観光スポットになっています。集落の形態を眺めるには高い所が良いので、展望台が設置されていますよ。

散居村は、家の周囲が水田なので農作業には都合が良いですが、冬には厳しい風雪が直に吹き付けてきます。そのため砺波では家屋の周囲に「かいにょ」と呼ばれる個人専用の屋敷林を作りました。防風効果と燃料・建築材、あるいは柿などの実がなる樹木が植えられ、砺波の人々にとって大切なものだったのです。ちょっとヨーロッパの風景にも似た砺波の自然と文化が融合した観光ポイントです。

美しい風景に感動して散居村に興味が湧いたら「となみ散居村ミュージアム」や「かいにょ苑」に行ってみましょう。「情報館」や「伝統館」「交流館」そして「民具館」があり、散居の景観や伝統文化の魅力をたっぷり観光で楽しめます!

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

砺波でおすすめの記事

砺波のアクセスランキング