マヤ文明の国グアテマラの玄関口グアテマラシティの観光名所6選

画像出典:Javier Ruata (CC BY 2.0)

マヤ文明の国グアテマラの玄関口グアテマラシティの観光名所6選

マヤ文明の遺跡(ティカル遺跡やキリグア遺跡)やマヤ文明を感じることができる数々の町をもつグアテマラ。その玄関口となるのが首都であるグアテマラシティです。グアテマラシティはこの国の政治・経済の中心地であり、また多くの国や町へ移動する際に飛行機や長距離バスを利用した際に観光客が立ち寄ることになる町です。多くのショッピングモールやブティックショップであふれる新市街。またラテンアメリカならではの雑多な雰囲気を感じることができる旧市街。

しかしながら治安面での問題が若干あるためほとんどの観光客はこの町に足を止めることなくそのままアンティグアなどの別の町に移動することが多い事でしょう。少ないながらもいくつかの観光名所はありますので今回はそんなグアテマラシティの観光スポットを紹介します。





目次

マヤ文明の国グアテマラの玄関口グアテマラシティの観光名所6選

目次を閉じる

1.国立考古学民族学博物館

グアテマラシティの町の南側ソナ13にあるのがこちらの国立考古学民俗学博物館です。こちらにはマヤ文明の遺跡の多くの出土品が展示されていますのでマヤ文明や遺跡に興味のある観光客には必見の博物館となっています。

館内はティカル室、カミナルフユ室などの展示室がありグアテマラ国内の各地にある遺跡の出土品が展示されてますので、それらの遺跡を直接訪れる前にこちらの博物館にて一度勉強をしてから遺跡への訪問をされたほうがそれらの遺跡を更に楽しむことができると思います。またマヤ文明ならではのヒスイの仮面や首飾りなども展示されていますので是非一度のその豪華さに触れてみてください。

こちらの博物館はグアテマラシティ観光の外せないスポットというより、グアテマラ観光を更に深く堪能するためには絶対に外すことのできないグアテマラシティの観光スポットです。

2.国立文化宮殿

グアテマラシティ観光のスポットのひとつ国立文化宮殿の平和の中庭には両手のモニュメント/平和の像があります。こちらの16の腕はグアテマラ人の統合を表しているとの事です。また文化の中庭には2004年にダライラマによって寄贈されたという平和の灯がおかれています。

またその建物自体はルネッサンス、ネオクラッシク、バロックなどを融合させたものでありグアテマラ建築の最高傑作といわれており、その建物だけでも見る価値があります。以前は大統領官邸として利用されていましたが、現在ではグアテマラシティ観光スポットとして絵画などの美術品が展示されてますのでグアテマラシティ観光の際には必ず訪れるようにしてください。





国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

グアテマラ シティ(グアテマラシティー)でおすすめの記事

    グアテマラ シティ(グアテマラシティー)の記事はまだありません。

グアテマラ シティ(グアテマラシティー)のアクセスランキング