白く美しい「砂漠の真珠」!リビアの世界遺産ガダミスの旧市街

画像出典:www.istockphoto.com

白く美しい「砂漠の真珠」!リビアの世界遺産ガダミスの旧市街

GoToキャンペーンバナー

世界遺産ガダミスは、リビアとアルジェリア、そしてチュニジアとの国境の交点近くにあるオアシス都市です。今もトゥアレグ族が住み、古い街並みだけでなく、伝統的な風習も残っています。

ガダミスの旧市街は、石灰石で塗装した真っ白な建物が並んでいるのも特徴。これは夏の厳しい暑さを乗り切るための工夫でもあります。町の通りは土の屋根に覆われ、外気が40度を超えても、通りは20度ほどの快適な気温が保たれています。

旧市街は全長7kmの城壁で囲まれ、白い建物はリビアの青い空にとても良く映えます。その白の美しさから、ガダミスは「砂漠の真珠」とも呼ばれているんですよ。そんなリビアの世界遺産ガダミスの見どころについてご紹介しましょう。

目次

白く美しい「砂漠の真珠」!リビアの世界遺産ガダミスの旧市街

目次を閉じる

ガダーミスの旧市街とは?

出典: www.istockphoto.com

世界遺産ガダミスは、サハラ砂漠の隊商交易を生業とする遊牧民トゥアレグによって建設されました。遅くとも古代ローマ時代には存在し、7世紀ごろには「砂漠の真珠」と呼ばれるまでに繁栄しました。

1970年代、リビア政府は旧市街の外側に住宅地を建設し、ガダミスの人たちを移住させました。しかし、夏場は旧市街の方が涼しく快適なので、避暑や礼拝のために白い街に戻るのだそうです。今でもガダミスの旧市街は、トゥアレグの7つの氏族によって縄張り分けされています。

ガダミスの旧市街へのアクセス

世界遺産ガダミス旧市街の郊外には、ガダミス空港があります。リビアの首都トリポリとの間に定期便がありましたが、2014年の戦闘でトリポリ国際空港が破壊され、2018年現在旅客運航は行われていません。

陸路で向かう場合、最寄りの大都市はトリポリがチュニジアのスファックスになります。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

リビアでおすすめの記事

リビアのアクセスランキング