地中海沿岸都市にあるリビアの世界遺産、サブラータの古代遺跡

画像出典:commons.wikimedia.org

地中海沿岸都市にあるリビアの世界遺産、サブラータの古代遺跡

GoToキャンペーンバナー

アフリカ大陸に位置するリビアは地中海に面し、エジプトやチュニジア、アルジェリアなどに隣接しています。石油の埋蔵量はアフリカ随一であり、資源が豊富で豊かなことでも知られている国。さらにこのリビアには長い歴史があり、それ故いくつかの世界遺産もあるんですよ。残念ながらリビアは現在情勢が安定せず、気軽に訪れることができる観光地ではありませんが、行ってみたい観光スポットがいくつもあります。今回はその中でもフェニキア人が残した地中海沿岸都市、世界遺産「サブラータの古代遺跡」をご紹介しましょう。

目次

地中海沿岸都市にあるリビアの世界遺産、サブラータの古代遺跡

目次を閉じる

サブラータの古代遺跡とは?

出典: commons.wikimedia.org

世界遺産サブラータの古代遺跡はリビアの北西部、首都トリポリから西へ67キロほどの場所に位置しています。紀元前500年頃にフェニキア人によって築かれたと考えられ、交易の中継拠点として栄えました。サハラ以南より持ち込まれる金や装飾品、象牙などによって潤うサブラタはやがてローマ帝国に支配され、最盛期を迎えます。365年には大地震の被害に遭いますが、その頃に支配されていたビザンチン帝国の下、再建されました。しかしその後交易の拠点が変わったことにより、サブラータの町は中継拠点としての役割が終わり、衰退しました。

リビアの世界遺産サブラータの古代遺跡では、フェニキア時代、ローマ時代、ビザンチン時代の遺跡を見ることができます。実はこの遺跡、全体の3割程しか発掘が進んでおらず、長い間砂に埋まっていました。1937年からの発掘作業でローマの都市遺跡を発見。円形劇場や広場、公衆浴場、キリスト教会などはローマ時代の遺構。さらにフェニキア時代のベスの塔、ビザンチン時代のバシリカなど歴史的価値のあるものばかりです。これらは1982年に「サブラータの古代遺跡」として世界遺産に登録されました。

サブラータの古代遺跡へのアクセス

世界遺産サブラータの古代遺跡までは、まずは拠点の町でもあるリビアの首都トリポリへ。トリポリからサブラータの町へは、乗り合いタクシーまたはタクシーで向かいます。所要時間は約1時間ほどです。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

リビアでおすすめの記事

リビアのアクセスランキング