ニジェールの世界遺産、W=アルリ=ペンジャリ国立公園複合体の見どころ

画像出典:Roland Hunziker (CC BY-SA 2.0)

ニジェールの世界遺産、W=アルリ=ペンジャリ国立公園複合体の見どころ

ニジェールは、西アフリカのサハラ砂漠南部のサヘル地帯に位置しています。サヘル(Sahel)とは、サハラ砂漠南縁部に広がる半乾燥地域を指します。ニジェールは農業、畜産業、鉱業が主産業の国ではありますが、世界最貧国のひとつでもあるのです。そしてニジェールには、世界遺産が3つあります。今回は、3つの世界遺産の中から「W=アルリ=ペンジャリ国立公園複合体」の見どころをご紹介します。

目次

ニジェールの世界遺産、W=アルリ=ペンジャリ国立公園複合体の見どころ

W=アルリ=ペンジャリ国立公園複合体とは?

出典: Roland Hunziker (CC BY-SA 2.0)

「W=アルリ=ペンジャリ国立公園複合体」はニジェール、ブルキナファソ、ベナンの3つの国にまたがっている世界遺産です。もともとは、「ニジェールのW国立公園」として世界遺産に登録されていましたが2017年に、ブルキナファソの「アルリ国立公園」とベナンの「ペンジャリ国立公園」も追加登録され、現在の「W=アルリ=ペンジャリ国立公園複合体」という名称に変更されました。

ニジェールのW国立公園の「W」は、ドゥブルヴェ(フランス語)と読み、公園内を流れるアフリカ最大の川のひとつであるニジェール川が「W」の形に湾曲していることから名づけられました。ニジェールの南西、ティラベリ県のサバンナ草原と森林地帯の境界域に位置し、アフリカで最も暑い地域にある国立公園です。

W=アルリ=ペンジャリ国立公園複合体へのアクセス

ニジェールの観光の拠点は、首都ニアメです。日本からニアメまでは直行便がありませんので、パリなどのヨーロッパ、またはドバイ経由でニアメに向かうことになります。

W=アルリ=ペンジャリ国立公園複合体は、首都ニアメから南に約130kmのベナン国境地域に位置します。首都ニアメからは陸路でアクセスします。ニアメ発のツアーが出ています。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

ニジェールでおすすめの記事

ニジェールのアクセスランキング